発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2019/06/03

【作り方:塩麹】塩麹比較(塩先入れVS塩後入れ)塩サバ編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、以前作った2種類の塩麹(塩先入れと後入れ)が味も変わらないか確かめるために塩麹サバを作ってみようと思います。

果たして味の違いはあるのでしょうか。

今回の実験内容 塩麹比較(塩先入れと塩後入れ)塩サバ編

①塩麹 2種類各大さじ1
②サバ 4切れ

鯖、塩麹

実験開始

  • サバに塩麹をスプーンでまんべんなく塗り、冷蔵庫で1時間以上置きます。(一晩おくとより美味しいです。)
  • 塩麹に漬けた鯖

    (上が塩先入れ、下が塩後入れ)

  • 塩麹をサッとキッチンペーパーで拭き取り(拭き取らなくても美味しそうです)、フライパンにクッキングシートを敷いて中弱火で焼きます。
  • 両面焼けたら完成です。
焼いた鯖

試食

焼くのが下手で、皮が剥がれて焦げてしまいました(涙)

もちろん魚焼きグリルなど他の方法でも焼けます。

焦げやすいので塩麹を拭き取りましたが、塩麹をつけたまま焼いても塩味がきいて美味しそうです。

食べてみると、後入れも先入れもどちらも同じ味でした。
ちゃんと塩サバになっていて、身がふっくらしていて美味しかったです。

塩後入れの塩麹の方が、米粒が溶けていてサバに塗りやすかったので、どちらかと言えば後入れの方がおススメです。

Share