発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2015/09/04

【番外編】ヨーグルトの作り方手順のおさらい

かなの実験室へようこそ!

今日はヨーグルティアを使って、手作りヨーグルトを作る手順のおさらいをしてみたいと思います。

というのも、先日実家の母にヨーグルティアでヨーグルトが作れない!といわれました。

手順を確認していると、発酵終了後ヨーグルトが十分固まっているように見えないので、さらに時間を延長してヨーグルトが分離してしまっていた。

出来上がったヨーグルトをすぐに冷蔵庫に入れなかったため(温かいまま冷蔵庫に入れてはいけないと思い、さめるまで常温で放置)、酸味が強くなってしまった。
ということが分かりました。

少しの勘違いなのですが、ヨーグルトができなかったり、酸味が強すぎて美味しくなかったようです。

●ヨーグルティアを使って手作りヨーグルトを作る手順

①内容器の消毒:内容器に水1センチくらい入れ、ヨーグルティア専用スプーンもセットします。レンジで500W1分30秒ほど温めて消毒します。

内容器の消毒

②牛乳とヨーグルトを混ぜる:内容器の中のお湯を捨て、拭いたりせずに容器の3分の1程度の牛乳を入れ内容器をさまします。

(内容器が熱いうちにヨーグルトを入れると、高温で種菌が弱ってしまうこともあります。牛乳を一杯入れるとかき混ぜにくいです。)

牛乳を1/3程度入れる

そこへヨーグルトを入れてかき混ぜ、しっかり混ざったら残りの牛乳を入れて軽くかき混ぜます。

③ヨーグルティアで発酵:発酵時間、発酵温度を確認し発酵スタート!

④冷蔵庫へ:発酵終了後は速やかに冷蔵庫へ入れます。
常温で放置すると余熱で発酵が進んでしまい、酸味が強くなることがあります。

また、手作りヨーグルトは完全に固まっているように見えなくても、冷蔵庫で冷やすことで固まります。完全に液体の場合は冷蔵庫に入れても固まりません。

2時間以上冷やせば美味しく召し上がれます。

 

ヨーグルティアで、簡単に美味しい手作りヨーグルトができて嬉しいです!

我が家では、甘酒や醤油こうじも人気です。
これからも手作り発酵食のある生活で、美味しく、健康♪

次回はダノンのオイコスでヨーグルトを作ってみたいと思います。

Share