発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2017/03/02

甘糀の優しい甘さと、苺の甘酸っぱさが口いっぱいに広がります(*゚∀゚*)見た目も可愛い「豆乳甘酒の苺ムース」


3月といえば「ひな祭り」ですよね(^ ^)
ひなまつり
女の子がいるご家庭では、もう雛人形を飾っているのでしょうか(o^^o)

私も女の子なので、子供の頃には雛人形を飾り、ひなあられを食べて家族でお祝い*\(^o^)/*

。。。していたはずなのですが、どれだけ記憶を辿っても、その様な思い出が出てこないので、母に尋ねてみると「うちは引っ越しが多かったから、いつの間にかおひな様がどっかいっちゃってたわ〜」との事。。。。Σ(゚д゚lll)

えっ?!

あんなに大きな物がどうやったらなくなるんですかーーーーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

じゃあ、写真には残っているだろうと再度母に聞くと「写真も引っ越しでなくなっちゃった〜」と。。。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

確かに引っ越し6回は、物もなくなるかもしれないけど、ズボラ過ぎるでしょ(^^;

そして、かれこれ数十年。

今は男だらけの我が家。

昔も今も「おひな様」には縁がありません(^_^;)

でも、気分だけでも「ひな祭り」を楽しみたいっ!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

という訳で、今日はひな祭りっぽいスイーツをご紹介したいと思います(๑・̑◡・̑๑)

本日ご紹介するのは、苺と甘酒を使った「豆乳甘酒の苺ムース」☆

美容と健康にも良い「豆乳甘酒」と甘くて美味しい「苺」を使った旬のレシピ(๑˃̵ᴗ˂̵)

では、早速作っていきます♫

「豆乳甘酒の苺ムース」の作り方

<材料>

・豆乳           200cc
・甘糀           大3〜4
・粉ゼラチン   1袋(4g)
・お湯           50cc
・いちご        4〜5個
甘酒の苺ムーズの材料
<作り方>

① 苺3個のヘタを取り、小さく切ります
苺をカット

② 粉ゼラチンを50ccのお湯で溶かします

ゼラチンをふやかす

③ ①の苺、豆乳、甘糀、②の溶かしたゼラチンを、ミキサーで撹拌します

材料をミキサーにかける

こんな感じになります

ミキサー後

④ 容器に③を流し入れ蓋をし、冷蔵庫で1時間冷やし固めます

容器に入れ冷蔵庫に入れる

⑤ 残りの苺を飾り付けたら出来上がり♫

飾り付けて完成
口に入れるとジュワジュワっと溶けるムースの食感がクセになります(๑˃̵ᴗ˂̵)

甘糀の優しい甘さと、苺の甘酸っぱさが口いっぱいに広がります(*゚∀゚*)

豆乳を使っているので後味もさっぱりで、気になるカロリーも控えめ!!

しかも、ゼラチンにはコラーゲンが含まれているので食べ続けるとお肌がぷるぷるになるらしいですよ(^-^)v

美容に良いとされる「豆乳」「甘酒」「ゼラチン」と聞けば、1個とは言わず、2個も3個も食べたくなりますよね(*≧∀≦*)

明日はお友達とひな祭りパーティーという方!

今話題の食材がたっぷり入った「豆乳甘酒の苺ムース」は、話のネタにも最適☆

すぐ出来て見た目も可愛いのでオススメです(^-^)v

次男坊も気に入って食べてくれました🎵
せんちゃん完食

Share