おうちで発酵食
更新日 2021/02/24

【レシピ:甘酒・塩麹】ひな祭り特集①「ちらし寿司」発酵調味料で炒り玉子と酢れんこんに挑戦!!

ちらし寿司
皆さんこんにちは、営業部の久田です。

3月3日は「ひな祭り」
女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事ですね。

ひな人形に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などを楽しみますね。

ひな祭りに欠かせない「ちらし寿司」ですが、入れる具材にも祝いの席に相応しい意味合いがあるそうです。

■えび
えびは背中を丸めた形をしていることから、「背中が丸くなるまで長く生きられるように」という願いが込められています。

■れんこん
れんこんには穴があることから「見通しがきく」=「将来を見通すことができる」という意味を持つそうです。

■豆
「健康でマメに働くことができる」という願いをこめて、おせち料理にも入れる食材ですね。



今回はちらし寿司に欠かせない玉子と酢れんこんを、発酵食品を使って作りたいと思います♬

「塩麹炒り玉子」の作り方

<材料>

・卵 2個

☆塩麹 小さじ1

☆砂糖 小さじ2
<作り方>

① ボウルに卵を割り入れ、☆の材料を加えて溶いておきます。

② 油を熱したフライパンに①を流し入れ、炒り玉子を作ります。


「酢れんこん」の作り方

<材料>

・れんこん 小3~4節(400g)

☆酢 200ml

☆砂糖 大さじ3

☆甘酒 50ml

・赤トウガラシ 1本





<作り方>

① れんこんは皮をむき、5~6mmの厚さに輪切りにし、水にさらし水気を切ります。(穴のふちに沿って切り込みを入れると、花形になります)

② 鍋にれんこんとかぶるくらいの水を入れて火にかけ、煮立ったらザルに上げて水気を切ります。
ザルに上げる

③ 鍋に☆を入れて火にかけ、煮立ったられんこんを入れ、1~2分煮て火を止めます。赤唐辛子を加え、そのまま冷まします。
酢れんこん完成
キレイな酢れんこんができました✨

甘酒を入れてお砂糖を少なくしたので、甘さ控えめです。
お酢の酸味が苦手な方は、米酢にすると酸味が抑えられますよ♬

塩麹で味付けした炒り玉子は、塩味がマイルドです。
塩加減で失敗Σ( ̄ロ ̄lll)ガーンということも少なくなりそうです。

作った炒り玉子と酢れんこんで、ひな祭りの定番☆ちらし寿司を作ってみました!

ちらし寿司完成


ちらし寿司は様々な具材を使うので、見た目が色鮮やかで華やかなになるだけでなく、摂取できる栄養素も多くなるというメリットがあります。

女の子の成長を願うひな祭りにぴったりですね。

今年のひな祭りにちらし寿司を作ってみてはいかがですか?

Tags

Share