30

肉を漬け込む時間は含まず

バターチキンカレー

パサつきがちな鶏むね肉が、ヨーグルト入りの液に漬け込むことで、とっても柔らかくなります。 ご飯ともナンとも相性抜群! バターがたっぷり入っていますが、トマトの酸味でさっぱりと食べられますよ♪

材料 (4人前)

  • 鶏むね肉300g
  • ● ヨーグルト100g
  • ● カレー粉大1
  • ● マヨネーズ大1
  • バター60g
  • おろしニンニク小1
  • おろし生姜小1
  • カレー粉大1
  • 薄力粉大1
  • ホールトマト缶1缶(400g)
  • 生クリーム100ml
  • 甘酒100g
  • 小1

●…下味調味料

一言メモ

甘酒がない場合は、お砂糖大さじ1と1/2でもOKです。
カレー粉に含まれるターメリックには、肝機能を向上させ、コレストロール値の低下が期待できます。

作り方

  1. 鶏むね肉を一口大に切り、下味調味料(●)と一緒にボウルに入れて、30分冷蔵庫で漬け込みます。

    鶏むね肉を一口大に切り、下味調味料(●)と一緒にボウルに入れて、30分冷蔵庫で漬け込みます。
  2. フライパンにバターを入れ中火で溶かし、おろしにんにく、おろし生姜を加えて、香りが出るまで炒めます。

    フライパンにバターを入れ中火で溶かし、おろしにんにく、おろし生姜を加えて、香りが出るまで炒めます。
  3. ②を弱火にし、カレー粉、薄力粉を加えて、粉っぽさがなくなるまで炒めます。

    ②を弱火にし、カレー粉、薄力粉を加えて、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
  4. ③にホールトマトを加えて、中火で3分炒めます。

    ③にホールトマトを加えて、中火で3分炒めます。
  5. ④に①を加え中火で一煮たりさせたら弱火にし、時々混ぜながら肉に火が通るまで煮込みます。

    ④に①を加え中火で一煮たりさせたら弱火にし、時々混ぜながら肉に火が通るまで煮込みます。
  6. ⑤に生クリーム、砂糖、塩を加えてひと煮立ちさせたら火をとめます。

  7. 器に盛り、お好みで生クリーム、パセリをかけて出来上がり♫

    器に盛り、お好みで生クリーム、パセリをかけて出来上がり♫

おすすめアイテム

  • ヨーグルティアS

    ヨーグルティアS

    ヨーグルティアを大幅に改良!設定温度やタイマーの進化、ブザー機能の追加など、発酵食作りにうれしい機能を拡充しました。

    詳しくはこちら
  • ABCT種菌

    ABCT種菌

    4つの乳酸菌が入っていてカラダに良い、タニカ電器オリジナルのヨーグルト種菌。扱いやすい粉末にしています。

    詳しくはこちら
  • 甘酒酵素

    甘酒酵素

    「甘酒酵素」はこうじ菌から抽出された、甘酒作り専用の酵素です。誰でも簡単にノンアルコールの甘酒がお作り頂けます。

    詳しくはこちら
  • ケフィア

    ケフィア

    ケフィアを扱いやすい粉末にしています。1回1リットルを1包で作ることが出来るため、使いやすく清潔です。

    詳しくはこちら
  • カスピ海種菌(ヨーグルトの願い)

    カスピ海種菌(ヨーグルトの願い)

    カスピ海ヨーグルトからクレモリス菌を取り出したのが「ヨーグルトの願い」です。真っ白なヨーグルトができあがります。

    詳しくはこちら
  • ナカコの米こうじ

    ナカコの米こうじ

    ナカコの米こうじは、昔ながらの製法で手作りされたこだわりの米こうじです。職人がその日の気温や湿度を見極め、じっくり手をかけて作った逸品です。

    詳しくはこちら
タニカ電器公式オンラインストア