つれづれ
更新日 2021/02/08

【レシピ:甘酒】「甘酒入りブラウニー」甘酒のやさしい甘さとブラウンシュガーのコクが引き立つ、あっさりブラウニー☆

甘酒ブラウニー
皆さんこんにちは、営業部の久田です。

2月14日は「バレンタインデー」

古代ローマ時代、キリスト教のバレンタイン司祭が皇帝クラウディウスの命令に背いて兵士たちの結婚式を内緒で行い、2月14日に処刑された伝説に由来しています。

欧米ではこの日を「愛の日」として、男性も女性も互いに手紙やお菓子、花などを贈るようになりました。

日本では戦後に「女性が男性にチョコレートを贈り、愛を告白する日」として定着するようになりました。

現在では恋人同士に限らず、「義理チョコ」「友チョコ」「自分チョコ」など多様化していますね。

今年は新型コロナウイルス感染拡大のため自粛中のバレンタイン…
おうち時間を活用し、手作りチョコレートを作りたいと思います!


第2弾は「甘酒入りブラウニー」

憧れの焼き菓子ですが、甘酒を使った甘さ控えめのブラウニーを作りたいと思います♬

「甘酒入りブラウニー」の作り方

<材料>

・薄力粉 150g

・ココアパウダー 10g

・ベーキングパウダー 小さじ2

・ブラウンシュガー 40g

・甘酒 150g

・バター 100g

・卵 2個

・チョコレート 100g

・クルミ 100g



<作り方>
=下準備=
☑クルミは飾り用に16個を取り分け、残りは粗く刻みます。
☑型にクッキングシートを敷きます。
☑オーブンを180℃に予熱します。

① 薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーを合わせてふるいます。

② チョコレートとバターは粗く刻み、50℃の湯せんで溶かします。
湯せんで溶かす

③ ②に甘酒、溶き卵、ブラウンシュガー、刻んだクルミを入れ、その都度混ぜます。
甘酒を入れる
卵を入れる
ブラウンシュガーを入れる
クルミを入れる

④ ①の粉類を加え、ゴムベラで切るようにさっくり混ぜます。
粉類を入れる

⑤ 型に入れ、飾り用のクルミをのせます。
クルミを入れる

⑥ 180℃のオーブンで18分程度焼きます。粗熱が取れたら、型から外して切り分けます。
ブラウニー完成
チョコレートの甘~い香りがたまりません!!

チョコレートの濃厚な風味とクルミのザクザク食感が、まさに王道のブラウニーです♡

甘酒のやさしい甘さとブラウンシュガーのコクで、甘みは感じますがあっさりとしていて口に残りません。

「個人的にはチョコチップが入れてもよかったかなぁ…」
「ドライフルーツを生地に混ぜてもよかったかも…」
「上のトッピングをもっと盛ってもよかったか…」

などなど、盛りだくさんにしたい衝動にかられますが、今回はシンプルにしてみました!

ガツンとしたチョコレート系スイーツがお好みの方!
よかったらお試しください♬





Share