つれづれ
更新日 2020/12/27

【レシピ:甘酒】発酵食おせちに挑戦!!「田作り」

発酵食おせち
皆さんこんにちは、営業部の久田です。

今年も残すところあと少し…

今年はコロナウイルスの影響を受けた年になりました。
来る2021年はみんなが笑顔になれる年になるといいですね。

新年に食べるおせち料理。コロナウイルス感染拡大の影響で、新年を自宅で過ごす方が多く、おせちの需要は高まっているそうです。

おせち料理の基本は、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ、酢の物、焼き物。

内容は地方によって異なりますが、三つ肴は関東では黒豆・数の子・田作り、関西では黒豆・数の子・たたきごぼうを食べるそうです。

タニカ電器のある岐阜県多治見市は日本のほぼ真ん中に位置し、どちらかというと関西よりなのですが、個人的にはごぼうより田作り好き♡

ということで、三つ肴のひとつ「田作り」を、発酵食品を使って作ってみたいと思います!

「田作り」の作り方

<材料>

・田作り(乾燥) 50g

・クルミ 30g

☆醤油 大さじ2

☆みりん 大さじ2

☆甘酒 大さじ2



<作り方>

① フライパンを中火に熱し、田作りがポキっと折れるくらいまで炒り、水分を飛ばします。バットに移し粗熱を取ります。
田作りを炒る


② 再びフライパンを中火に熱し、クルミを焦げないように乾煎りします。バットに移し粗熱を取ります。
くるみを炒る

③ フライパンに☆の材料を入れて煮立たせ、とろみが出てきたら田作りとクルミを入れて絡めます。
煮汁を煮立たせる

④ バットに移して広げ、冷めたら器に盛り付けて完成です✨
バットに広げる 田作り完成

カリカリの田作りと香ばしいクルミに、甘辛いタレが絡んでとっても美味しいです(≧▽≦)

濃い目の味付けなので、塩分や糖分を抑えたい方は、量を調整してくださいね♪

おせちの「田作り」には、「豊年豊作」や「五穀豊穣」の意味が込められているそうです。

2021年の始めに「発酵食おせち」はいかがですか。

Share