発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2019/09/02

【レシピ】「新生姜の甘酢漬け」夏バテ気味で食欲のない方や、お疲れ気味の胃腸の方に是非召し上がって頂きたい一品です☆

新生姜の甘酢漬け 

友達から貰ったマスを塩焼に☆
マスの塩焼き
マスの塩焼きに合うのは。。。

やっぱり日本酒‼️
日本酒三千盛
大好きな「三千盛」とお気に入りの富士山のお猪口で乾杯〜( ^ ^ )/□

あ~、美味しいマスと大好きなお酒が飲める幸せ‼️

感謝☆感謝☆


さて本日は、この時期旬の新生姜を使って、毎年恒例の

『新生姜の甘酢漬け』 

を作りたいと思います(^ ^)


今年も美味しく作れるかな♪

「新生姜の甘酢漬け」の作り方

<材料>
・新生姜      300g
・下ごしらえ用の塩 小さじ1/2
・甘酢       100ml
<作り方>
①新生姜を赤い部分を少し残す様にして先端を切り落としさっと水洗いして水分を拭き取ります
※赤い部分を少し残すのは、淡いきれいなピンク色に染める為
新生姜

②包丁やスライスラーで繊維にそって出来るだけ薄くスライスします(繊維にそった方が食感が良い為)

スライスした新生姜

③鍋にたっぷりのお湯を沸かし、切った新生姜をさっと1~2分程茹でます

鍋で煮ている新生姜
④ザルに上げて水を切ったら塩をまんべんなく馴染ませ、冷めるまで放置します

⑤冷めたら水分をしっかり搾ります
水分を搾った新生姜

⑥消毒済みのガラス瓶に⑤の生姜をほぐして入れ、甘酢をいれます

新生姜と甘酢を入れたガラス瓶

⑦冷蔵庫で半日程寝かせたら出来上がり♪

完成した新生姜の甘酢漬け
キレイなピンク色になりました(^ー^)

こちらは冷蔵庫で2ヶ月程保存可能です

漬けたてなのでまだ辛味は強いですが、日が経つにつれて味が落ち着いて辛味がまろやかになってくるので、日々の変化を楽しみながら食べるのも自家製ならでは‼️

やっぱり夏の新生姜は、甘酢漬けにして食べるのが一番おススメ(^ー^)

我が家ではこの時期「新生姜の甘酢漬け」を作るのが恒例となっています(^-^)v

生姜は食欲増進や胃の炎症作用に効果があるので、夏バテ気味で食欲のない方や、お疲れ気味の胃腸の方に是非お召し上がって頂きたい一品です☆

残った甘酢は、生姜の風味たっぷりなので、酢の物やドレッシングに使うのもおススメですよ♪

新生姜をみつけたら、是非一度作ってみて下さいね(^_−)−☆

Tags

Share