つれづれ
更新日 2018/11/09

【作り方:味噌】大豆アレルギーの方におすすめ☆いろんな豆を使って味噌作り!!

皆さんこんにちは、営業部の久田です

「アレルギー大国日本」
アレルギーはもはや”国民病”と言われるほど、2人に1人は何らかのアレルギーを持っていると言われています

以前アレルギーをお持ちのお客様から「大豆以外で味噌はできないか」というお問い合わせをいただきました

確かにお味噌には大豆が含まれているため、大豆アレルギーの方はお味噌を使った料理を食べることはできません

お味噌汁が飲めないなんで、つらすぎる ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

大豆以外で味噌が作れないものかと調べてみると、アレルギー対応の味噌として
・米味噌
・あわ味噌
・ひえ味噌
・きび味噌
・キヌア味噌
などいろいろありました

あわ、ひえ、きび、キヌアなどは粒が小さく、どうやったら味噌になるのか見当もつかず途方に暮れていると、そら豆味噌を発見!!

が、しかし…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
残念なことに、そら豆さんはシーズンオフになるとなかなか手に入らないので、今回は他の豆から味噌を作ってみることにしました

「ひよこ豆味噌」の作り方

<材料>
・米こうじ 200g
・ひよこ豆(缶詰) 200g
・煮汁 200ml
・塩 20g
<作り方>
① ひよこ豆を鍋か圧力鍋でやわらかくなるまで煮ます
② やわらかくなったひよこ豆をフードプロセッサーがすりこ木で潰します
 (豆の外皮を取り除いておくと、滑らかに仕上がります)
③ 消毒した内容器にほぐした米こうじ・②のひよこ豆・煮汁・塩を加えよくませます
④ 本体にセットし、温度60℃タイマーを8時間にセットしスタートボタンを押します
⑤ できあがったら冷蔵庫で保存してください

ひよこ豆味噌

「白花豆味噌」の作り方

<材料>
・米こうじ 200g
・白花豆(乾燥) 100g
・煮汁 200ml
・塩 20g
<作り方>

① 一晩浸した白花豆を鍋か圧力鍋でやわらかくなるまで煮ます
② やわらかくなった白花豆をフードプロセッサーがすりこ木で潰します
(豆の外皮を取り除いておくと、滑らかに仕上がります)
③ 消毒した内容器にほぐした米こうじ・②の白花豆・煮汁・塩を加えよくませます
④ 本体にセットし、温度60℃ タイマーを8時間にセットしスタートボタンを押します
⑤ できあがったら冷蔵庫で保存してください
白花豆味噌

「米味噌」の作り方

<材料>
・米こうじ 300g
・水 375ml
・塩 12g
<作り方>
① 消毒した内容器にほぐした米こうじ・水・塩を加えよくませます
② 本体にセットし、温度60℃ タイマーを8時間にセットしスタートボタンを押します
③ できあがったら冷蔵庫で保存してください

米味噌
ひよこ豆味噌と白花豆味噌は、それぞれの豆独特の風味はしますが、見た目も味も味噌っぽく仕上がりました

少し塩辛く感じる方は、お好みで塩の量を調整してください
(少なくする場合は日持ちしなくなりますので、お早めにお召し上がりください)

米味噌は、味噌というより甘めの塩こうじといった感じです

ひよこ豆と白花豆は比較的低アレルギー食材のようですが、
豆にアレルギー反応のある方は、米味噌の方がいいかもしれませんね

いずれにしても、お医者様とご相談の上お召し上がりくださいm(_ _)m








Tags

Share