つれづれ
更新日 2018/08/07

【レシピ:甘酒】米麹甘酒 VS 酒粕甘酒 飲み比べ実験編

甘酒
皆さんこんにちは、営業部の久田です

連日の猛暑で「飲む点滴」と言われる甘酒が大人気!!

甘酒に含まれるブドウ糖がエネルギー源に、アミノ酸が疲労回復に効果があるため、甘酒は夏バテ予防に効果的!

ところで甘酒には米麹から作る甘酒と、酒粕から作る甘酒の2種類あるのをご存知ですか?

米麹から作る甘酒は。。。
アルコール0%で砂糖不使用
点滴とほぼ同じ成分が含まれていて、「飲む点滴」「飲む美容液」と言われるほど栄養豊富


一方酒粕から作る甘酒は。。。
麹菌と酵母菌のダブルの発酵パワーで栄養価がとても高い
コレステロール上昇抑制作用や血圧を下げる作用、肌のキメを整えたり血流改善効果なども期待できるのだそう


どちらも体に良さそうなのは間違いないですね
では味はどう違うのでしょうか?飲み比べ実験をしてみたいと思いますp(・∩・)q

「酒粕甘酒」の作り方

<材料>



・酒粕 100g

・水 400ml

・砂糖 大さじ2



甘酒の材料
<作り方>

酒粕を小さくちぎってボウルに入れ、砂糖と熱湯を加えよくダマがなくなるまでよく混ぜます

酒粕をきぎる

よく混ぜる

完成です!!
びっくりするくらい簡単です♪

さてさて、気になるお味は。。。

酒粕の風味がふわ~と口に広がります
砂糖が入っているので幾分は飲みやすくなっていますが、米麹で作った甘酒と比べると飲みずらいかも…(◞‸◟ㆀ)ショボン

何だかイメージと違ったので酒粕入りの「森永甘酒」の成分表記を見てみると、酒粕のほかに米麹も入っていました
森永甘酒の成分表記
なるほど💡 酒粕甘酒と米麹甘酒をブレンドしたら飲みやすいかも✨

配合はお好みですが、今回は酒粕甘酒400mlに対し米麹甘酒100gで作ってみました♪

酒粕のコクと米麹の優しい甘さが、濃厚なのにゴクゴク飲めちゃいます
酒粕だけの時より、まろやかな味になっています


個人的には酒粕(といかお酒)が大好きなのでブレンド派ですが、
米麹甘酒派、酒粕甘酒派、ブレンド派、どのタイプも栄養満点で夏バテ予防が期待できそう(≧▽≦)

甘酒を上手に活用して、今年の猛暑を乗り切りましょう!!

<お願い>
☑ 酒粕には少量のアルコールが含まれていますので、お酒の弱い方、お子様、妊娠・授乳期の方はご注意ください

Share