つれづれ
更新日 2018/07/31

【レシピ:低温調理】「豚薄切り肉の大葉巻き」低温調理で豚肉も柔らかくジューシーに仕上がりました(≧▽≦)

皆さんこんにちは、営業部の久田です

逆走台風も去り、すっかりスーパー猛暑に逆戻り⤵⤵
暑い…暑すぎる(゚A゚;)アツー

暑いときは、食欲が落ちる→料理を作る元気もない→夏バテになる…というルーティーンになりがち(>_<)

しかし!!そんなことも言っていられないので、火を使わない低温調理を駆使して夏バテ予防メニューを作りたいと思います!

今回は「豚薄切り肉の大葉巻き」

豚肉に含まれるビタミンB1は疲労回復効果、大葉にはベータカロテンや鉄分やカルシウムといったミネラル豊富に含まれています

豚肉と大葉は相性がいいだけでなく、夏バテ予防にも効果的なんですね♪

では早速作ってみたいと思います!

「豚薄切り肉の大葉巻き」の作り方

<材料>2人分

・豚薄切り肉 150g

・大葉 10枚

・片栗粉 小さじ1/2

=タレ=

・酒 大さじ1

・醤油 大さじ1/2

・砂糖 大さじ1

・酢 大さじ1



豚薄切り肉の大葉巻き材料
<作り方>

① 豚肉を広げ片栗粉をまぶし、塩コショウをふります
豚肉に塩コショウをふる 豚肉に片栗粉をふる
② ①に大葉をのせ、クルクル巻いていきます
大葉をのせる 大葉をまく
③ ビニール袋にタレの材料を入れ、②を重ならないように並べます
ビニール袋にタレと豚肉を入れる
④ ③の袋の空気を抜きながら口を閉じ、ジップ付き袋に入れ、内容器にいれます
ビニール袋にタレと豚肉を入れる
ジップ付き袋に入れる

⑤ 内容器に熱湯を注ぎ、内ぶた、ネジふたをしめ、本体に入れます

⑥ 設定温度65℃、タイマー2時間にセットし、スタートボタンを押します
豚薄切り肉の大葉巻き完成
ビニール袋を開けると、醤油のいい匂いがします
豚肉に片栗粉をまぶしたのでバラバラになることもなく、タレにも程よいとろみがついています

ちょっと小さいのが残念ですが、早速食べてみましょう♪

甘辛いタレと豚の脂身の甘さ、大葉のさっぱり感でご飯がすすみます
低温調理なので、お肉も柔らかくジューシーに仕上がっています

ご想像通り熱を通すことでお肉がしまり、さらに小ぶりになってしまいました(_ _|||)

ボリュームを出したいときは、キノコ類や下茹でした人参やインゲンなどと一緒に巻いてもいいかもしれません

ここで、低温調理ワンポイント!

☑ 一度に大量の具材を入れると、中まで熱が通りにくいことがあります
  まずは少量でお試しください
☑ 食べる前に中まで熱が通っているか確認してからお召し上がりください

お弁当の一品やおつまみにもなりそうな「豚薄切り肉の大葉巻き」
ぜひお試しください♬

Share