発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2015/12/07

【レシピ:味噌】忙しい朝も、簡単に済ませがちなお昼時も、これさえあれば栄養バランスもgood⤴︎(^_^)vお湯を注ぐだけの簡単・お手軽「味噌玉」

日間賀島バルカ
ここは、私の大好きな場所☆

日間賀島の「Barca(バルカ)」

この辺では有名なお店なので、ご存知の方も多いと思います。

TVや雑誌で取り上げられる事もしばしば。

少し前では、「孤独のグルメseason4」で、五郎さんが立ち寄った事でも知られています。

このお店は、料理が美味しいだけでなく、お店のお母さんがとっても個性的で面白くて愛嬌たっぷりの心温かい人なんです♫

このお母さんに会ってファンにならない人はいないんじゃないかな〜(≧∇≦)

私は今回で二度目でしたが、一年近くも前だったのに、顔を見た瞬間に「あ〜、よく来てくれたね〜!」って迎えてくれ、感動して泣きそうになりました(≧∇≦)

思い出話なんかしながら、あっという間に時間は過ぎ、沢山のお土産を貰って「これから寒くなるから体には気をつけるんだよ!ご両親を大切にね!」と母の様な言葉までかけて頂いて、泣く泣く帰ってきました( ; _ ; )/~~~

私の第3の母がここにいます☆

きっと、誰が行ってもそんな温かい気持ちになれる、そんなお店です♫
猫
店の近くにいた猫。

野良だと思いますが、みんな漁港で美味しい魚を食べているからか健康そう(^ ^)

さて話は変わりますが、皆さん、最近味噌汁飲んでますか?

味噌汁というと、一昔前は朝ごはんの定番でしたが、最近はパン食も増え、味噌汁を飲む機会が減ったという人も増えているのではないでしょうか?

しかし、日本に昔からある、みそ、醤油、納豆、漬物には、健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

これらの発酵食品に含まれる「植物性乳酸菌」には、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整える働きがあります。

でも、忙しい朝、味噌汁を作るのはちょっと、、、と思っている方も多いと思います。

今回は、そんな方へ栄養満点でお湯を注ぐだけでの簡単「味噌玉」をご紹介します♫

あっという間に出来るので、ビックリしますよ〜(^з^)-☆

「味噌玉」の作り方

<材料>

・お好みの味噌

・いり粉だし

・かつお節

・お好みの具材(私は乾物を使いました)

・ラップ

・輪ゴム

<作り方>

①ボウルにみそ、顆粒だし、かつお節を入れてよく混ぜます。

みそ・だし・かつお節を混ぜる

②ラップに①を10g程のせ、少しつぶします。
10gほどラップに乗せる

③お好みの具材をのせます。

今回は、巻きふ、切り干し大根、乾燥ほうれん草、乾燥人参、高野豆腐、乾燥わかめを入れました。

お好みの具を乗せる

④包む様に丸め、上をゴムでとめて出来上がり♫

丸めて上を輪ゴムで止める
具材に、栄養がギュッと凝縮された乾物を使っているので、栄養満点で賞味期限を気にしなくても大丈夫♫

冷蔵庫で1カ月、冷凍庫で3カ月は保存できます(^ ^)

早速、お湯を注いで頂きまーす(^O^)
お椀に味噌玉を入れる
作り置きしておけば、毎食すぐ食べることが出来ますよ(^з^)-☆

お弁当に味噌玉一つ添えれば、栄養満点のランチになりますね♫
みそ汁と炊き込みご飯
あ〜、やっぱり味噌汁って身に染みる〜(≧∇≦)

忙しい朝も、簡単に済ませがちなお昼時も、これさえあれば栄養バランスもgood⤴︎(^_^)v

色々な具材で作れば、その日の気分でお好きな味噌汁を手軽に飲むことが出来ますよ(^ ^)

是非、家庭の味を味噌玉で作ってみませんか(^_−)−☆

Share