発酵食でぽかぽか特集

発酵食でぽかぽか特集

現代病「冷え性」、寒い季節は生活リズムに要注意?!

タニカ電器のある岐阜県多治見市は「暑さ対策日本一」を掲げていますが、実は冬もすごく寒いんです。 冷たく強い北風が吹くとともに朝は氷点下まで冷え込む日も・・・。
そんな寒い冬は現代病とも言われている冷え性にお困りの方も多いんじゃないでしょうか? 寒暖差のある日本。夏同様に冬も皆様が元気いっぱいにすごせるよう、ヨーグルト&発酵食で応援していきます!

冷え性とは?

冷え性(ひえしょう)は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことです。
「遺伝」、「疾病の病態のひとつ」、「生活習慣」などが原因と言われています。 生活習慣の乱れとして間違った食習慣も冷え症の原因になりがちです。『朝食抜き』、『ダイエット』、『塩分(または脂肪分)過多』などにご注意ください!

冷え性にならないために!もしなってしまったら?

冷え性は生活習慣病の側面があるため、下記のような生活改善することである程度の予防をすることができます。

  • 体を温める食品を摂取し、体を冷やす食品の過剰摂取は避ける
  • 早寝早起きを心掛ける
  • シャワーではなく浴槽に入るようにして、血流を良くする
  • マッサージや、柔軟体操などを行う

体を温める食品とは?どんな効果があるの?

いろいろありますが、タニカとしておすすめはやはり「発酵食品」です! 日本人の体質に合った発酵食は冷え性体質対策にとっても役立ちます。
発酵食は血液をサラサラにする効果があり、健康的な血液が体のすみずみまでいきわたることで、体が温まりやすくなります。また酵素には体温を上昇する効果もあるので冷え性対策にぴったりです。 ヨーグルトや味噌、醤油、漬物類などなど毎日の食生活に取り入れやすいのも魅力ですね。 栄養満点で美容にもいい発酵食はダイエットが原因で冷え性になってしまった方にもおすすめです。

特集記事一覧