塩こうじ
更新日 2021/01/07

【レシピ:塩麹】「七草粥」七草の香りとトロトロのおかゆが、疲れた胃腸にしみる優しい味(^▽^)/

七草粥
皆さんこんにちは、営業部の久田です。

新しい年が始まりました。2021年はどんな年になるのでしょうか。

街頭インタビューで「みんなが笑顔で過ごせる年になるといい」という意見を聞きました。
そんな1年になるよう祈るばかりです。

ところで今年のお正月は「ステイホーム」で、自宅でのんびり過ごした方も多いのではないでしょうか。

わたしも休み中ダラダラと過ごしたため、すっかり体が重くなってしまいました(つд⊂)エーン

年末年始はご馳走を食べたり、家族や友人と食事を囲む機会が増えるため胃腸に負担がかかりがち…

そんな時期に食べるのが「七草がゆ」

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その年の無病息災を願って1月7日に食べる行事食ですね。

正月のご馳走で弱った胃を休めるためとも言われています。まさに今の私にピッタリ✨

今日は1月7日なので、「七草がゆ」セットとすばる屋で販売中の姫栗田沢米(玄米)を使った「七草玄米粥」を作りたいと思います!

今回使用する「七草」はこちら!
・なずな
・はこべら
・すずな
・せり
・おぎょう
・ほとけのざ
・すずしろ

七草粥セット


「七草玄米粥」の作り方

<材料>4~5人分
・七草 1パック

・玄米 1合分

・白米 1合分

・水 7カップ

・塩麹 大さじ2



<作り方>

① 七草はきれいに洗い、熱湯でさっと茹でてから水にさらし、1~2㎝の長さに切ります。

② 玄米と白米は洗ってザルに上げて、30分くらい水を切ります。

③ 鍋に②のお米と水を入れて火にかけます。

④ 沸騰したら弱火にし30~40分くらいゆっくり煮ます。
(途中かき混ぜると粘りが出るので注意しましょう)
おかゆを炊く

⑤ お米がやわらかくなったら塩麹で味付けし、①の七草を加えてひと煮立ちさせれば完成です。

七草を加える

七草粥完成

初めて鍋でお粥を炊きましたが、焦げることなくふっくら炊き上がりました♪

玄米と白米を半々に混ぜて炊いたので、玄米のプチプチ食感と、とろとろの白米のバランスがとてもいいです。

味付けは塩麹のみ!七草の風味が引き立ち、とってもやさしい味がします。

七草は早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれ、無病息災を祈って七草粥を食べたそうです。

濃い味のおせち料理やご馳走などで弱った胃腸の回復に、負担がかからないお粥はちょうどよい食べ物。

また少量でお腹が膨れるため、ダイエットにも良さそうです。ぜひお試しください♬


Tags

Share