つれづれ
更新日 2020/12/28

【レシピ:甘酒】発酵食おせちに挑戦!!「きんとん」

発酵食おせち
皆さんこんにちは、営業部の久田です。

今年も残すところあと少し…

今年はコロナウイルスの影響を受けた年になりました。
来る2021年は皆が笑顔になるような1年になるといいですね。

新年に食べるおせち料理。コロナウイルス感染拡大の影響で、新年を自宅で過ごす方が多く、おせちの需要は高まっているそうです。

おせち料理の基本は、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ、酢の物、焼き物。

重箱に詰めるときは、一の重に祝い肴と口取りを、二の重に焼き物と酢の物、三の重に煮物などを詰めます。

今回は、一の重に詰める口取り「きんとん」を、発酵食品を使って作ってみたいと思います!

「きんとん」の作り方

<材料>

・さつまいも 300g

・栗の甘露煮 5~6個

・クチナシ 1個

☆甘酒 50g

☆甘露煮の汁 大さじ3
(なければ、みりん大さじ2+はちみつ大さじ1)



<作り方>

① さつまいもは皮をむき3㎝の輪切りにし、水にさらします。

② くちなしの実をお茶パックに入れ、麺棒でたたきます。
お茶パックにくちなしの実を入れる


③ 鍋にさつまいもとかぶるくらいの水と②のくちなしの実を入れ、中火でやわらかくなるまで煮ます。
さつまいもを茹でる


④ さつまいもがやわらかくなったらザルに上げ、ボウルに入れます。

⑤ ④のさつまいもに☆の材料を入れ、すりこ木が麺棒でつぶしながら混ぜます。
甘酒をを入れる

すりこ木で潰す

⑥ バットに広げてあら熱を取ったら、盛り付け栗の甘露煮をのせれば完成です✨
きんとん完成
クチナシを入れたので、きれいな黄金色になりました♪

甘酒のやさしい甘さが、さつまいもの自然な甘さを引き立てて、どこか懐かしいようなほっとする味です。

きんとんは「金団」と書き、「金色の団子」もしくは「金色の布団」という意味があります。

そこから転じて、お正月に栗きんとんを食べると勝負運や金運などが上がり、商売繁盛が叶うと考えられていたそうですよ。

2021年の始めに「発酵食おせち」はいかがですか。
Cpicon 甘酒を使って「栗きんとん」 by タニカ電器

Share