発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2020/03/05

【レシピ:塩麹】ナカコ米こうじで「だし塩こうじ」口いっぱいにお出汁の香りが広がり旨味たっぷりの塩味があふれてきました(≧∇≦)

ナカコ米こうじを使った「だし塩こうじ作り」
暦の上では春なのに、まだコタツから出られない私(^◇^;)

思い切って外へ出てみたら、枝垂れ桜を見つけました。

やっぱり春はもうそこまで来ていますね(*´꒳`*)
枝垂れ桜
さて春といえば。。。。

そう、つらーーーい花粉症シーズンの到来です(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


そこで、本日は皆さんの花粉症が少しでも和らぐかも知れない、耳よりな情報をお届けします(^ー^)

花粉症は免疫機能の異常により発生すると言われています。
免疫機能が正常に働く事で、花粉症特有のアレルギー症状の発生を抑える事が可能です。

この免疫機能をつかさどる免疫細胞は、60%が腸内に存在しているため、

腸内環境を整えれば免疫機能の活動につながるのです。


では、腸内環境を良くするにはどうしたら良いか?


それは。。。

体に良い働きをする「善玉菌」を増やす事

「善玉菌」というとヨーグルトが一番に思いつくと思いますが、

実は、
「発酵食品」にも豊富に含まれているんです‼

「発酵食品」と言われる身構えてしまうかもしれませんが、いつも食べている「味噌」「しょうゆ」「みりん」も日本が誇る昔ながらの「発酵食品」♪

身体にも良い影響を及ぼすので、毎日の食事に是非発酵食品を取り入れる事をオススメしますd(^_^o)


という訳で、本日は、毎日の食事に取り入れやすい調味料として、先日すばる屋から発売した「ナカコ米こうじ」を使って

「だし塩こうじ」を作ってみました☆

こちらが「ナカコの米こうじ」
ナカコ米こうじのパッケージ
使いやすいパウチタイプの袋に入った乾燥麹200g入りです☆

シンプルなデザインが素敵ですね(*゚▽゚*)

(詳しくはすばる屋HPをご覧下さい subaruya.com
そして、今回は人気の「だし塩」を組み合わせてみました。
ナカコ米こうじとあごのだし塩
本日使ったのは「あごのだし塩」

国産あごにまろやかな焼き塩を加えた香り豊かな味わいが特徴で、このだし塩をちょっと加えるだけで味が決まるので、我が家で活躍しています☆

作り方は塩麹を作る時と同じ

「だし塩こうじ」の作り方

<材料>
・乾燥米こうじ(ナカコ将油) 200g
・あごだし塩         60g
・水             300ml
<作り方>
①レンジ消毒した内容器に、乾燥米こうじを入れます
200gの乾燥米こうじ

②あごだし塩を60g入れて良く混ぜます

内容器の中に入れた米こうじとあごだし塩

③水を300ml入れて良く混ぜます

内容器に水を加える

④ヨーグルティアに入れ、タイマー6時間、温度60度にセットしてスタート

ヨーグルティアS

出来上がり♫

完成しただし塩こうじ
蓋を開けるとお出汁の香りが広がる「だし塩こうじ」

旨味たっぷりの塩こうじにお出汁の美味しさと香りが加わりました☆

試しに一口味見してみると、口いっぱいにお出汁の香りが広がり、プチプチっとした米こうじの中から旨味たっぷりの塩味があふれてきました(≧∇≦)

一粒でこれだけ美味しいんだから、この「だし塩こうじ」を使った料理は、出汁いらずで美味しくできるに違いありません‼

さて、この美味しい「だし塩こうじ」で何を作ろうかな〜( ̄∀ ̄)

調味料としても食材のつけだれとしても活躍しそうな「だし塩こうじ」

毎日の食事に使って、我が家の長男坊の花粉症が改善される事を期待したいと思います‼

皆さんも良かったらお試し下さい(^_−)−☆

Share