つれづれ
更新日 2019/11/01

【作り方:チーズ酵素】モッツァレラチーズの作り方(前半)

皆さんこんにちは、営業部の久田です

この度、すばる屋から新商品「チーズ酵素」が発売されました✨

チーズ酵素


チーズ酵素とは…
本格的なフレッシュチーズ作りが楽しめる、自家製チーズ用酵素

いま話題のモッツァレラチーズやクリームチーズなどのフレッシュチーズを、ヨーグルティアを使って自宅で作れちゃうんです!!

チーズ好きとしてはとっても気になる~((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

ということで、その中からもっとも難易度の高い「モッツァレラチーズ」の作り方をご紹介します♬

モッツァレラチーズの材料

①低温殺菌牛乳(殺菌温度75℃以下)1000ml

②ヨーグルト 35g

③チーズ酵素 1包

今回使用する牛乳はコチラ⇓⇓

タカナシ低温殺菌


タカナシ低温殺菌牛乳です
使用する牛乳の殺菌温度が、75℃以下か確認して下さいね(75℃以上だと作れません)

ヨーグルトは明治ブルガリアヨーグルトを使用しました
モッツァレラチーズには、酸味がしっかりしたタイプのヨーグルトがおすすめです♡

実験開始


では早速作り始めましょう!

① 消毒した内容器に分量の低温殺菌牛乳を入れ、電子レンジ500wで4分程度加熱し、35~38℃になるまで温めます

温度計を使って測りましょう ⇐ これ大事!!
ちなみに、面倒くさがって測らなかったときは失敗しました(つд⊂)エーン


38℃

② ヨーグルトを入れ、よくかき混ぜます

③ 内容器のふたをしめ本体に入れ、温度35℃タイマー1時間にセットしスタートボタンを押します

35℃1時間

1時間後。。。液状のままですが、これでOK!

1時間後

④ チーズ酵素を入れてよくかき混ぜます

内容器のふたをしめ本体に入れ、温度40℃タイマー30分にセットしスタートボタンを押します(ヨーグルティア、KAMOSICOをご使用の場合は、お手持ちのタイマーをご使用ください)
40℃30分

⑤ 30分後。。。豆腐?プリン?状に固まっています(⇐これがカードと呼ばれるチーズの素)

カードができた

内容器に傷をつけないように、包丁で1㎝幅の格子状に切れ目を入れます

カッティング


⑥ 内容器のふたをしめ本体に入れ、温度40℃タイマー30分にセットし、スタートボタンを押します(ヨーグルティア、KAMOSICOをご使用の場合は、お手持ちのタイマーをご使用ください)

40℃30分

30分後。。。水分が出てきています

水分が出てきている

⑦ ボウルとザルを用意し、ザルの上に⑥をできるだけそっと移します

勢いよく入れると、せっかく固まったカードが崩れてしまうので注意!!
スローモーションか?というくらいの気持ちで入れましょう
ボウルに移す① ボウルに移す② ボウルに移す③

いよいよ、水分とカードを分離していきます


ザルだけを持ち上げて、1分間そのままの状態をキープします

ザルを真上に持ち上げる

ザルを左に真横になるくらいまでゆっくり傾け、1分間そのままの状態をキープします

カードが「落ちるか?」というくらいまで、ザルのギリギリまで攻めましょう!
ザルを左に傾ける

ゆっくり中央に戻し、1分間そのままの状態をキープします

ザルを真ん中に戻す



ザルを右に真横になるくらいまでゆっくり傾け、1分間そのままの状態をキープします
カードが「落ちるか?」というくらいまで、ザルのギリギリまで攻めましょう!

ザルを右に傾ける


カードから水分が染み出てきます
真ん中⇒左⇒真ん中⇒右を繰り返し、水分量750~800mlを目指します!!

水分を排出後のカードがこちら↓↓白いオムレツみたいですね
白いオムレツ

「1分間キープ」がなんともじれったいですが、いろんな方法を試した結果これが一番簡単で早いという結論に至りました

⑧ カードを固まりのまま、内容器に「エイッ」と転がし入れます(不安な方はスプーンを使用しても構いませんよ)


水分を抜いたカード

内容器のふたをしめ本体に入れ、温度40℃タイマー1時間にセットし、スタートボタンを押します


○○
ここまでで、ざっと2時間30分くらいです

ヨーグルトの量や牛乳を温める温度の違いが仕上がりを左右してしまうほど、モッツァレラチーズはデリケート

温度や計量は正確に行いましょう!
これを怠ると結構な割合で失敗します(ノд-。)クスン

また設定時間を超過すると発酵がすすみ、モッツァレラチーズができない要因になりますので、くれぐれも時間厳守でお願いしますm(__)m

次回は成形から仕上げまでご紹介します!!お楽しみに💖

Tags

Share