発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2019/04/11

【作り方】「発酵しょうが」保存も効き使い勝手も良いのでおススメ(^ー^)花冷えした体を温めるのに役立つ調味料!

春の花って色鮮やか♫

思わず近付いて匂いを嗅いでみたくなります(*´꒳`*)
お花の匂いを嗅ぐせんちゃん
今まで寒くて引きこもっていましたが、春の日差しを浴びたくて外出。
でもこの日は春一番⁈が吹いたのか、風が強くて寒かったー(>_<)

春先はジェットコースターの様に気温が急降下するので、実は真冬よりも体の冷えが深刻!薄着で外出してしまうと体が冷え切ってしまい、体調を崩してしまう事もあります。

本日は、そんな花冷えした体を温めるのに役立つ発酵食「発酵しょうが」をご紹介します(^^)

発酵しょうがとは、お好みにカット、もしくはすりおろしたしょうがをガラスびんに入れて、冷蔵庫で2週間程寝かせて発酵させたものです。

しょうがって冷蔵庫の野菜室の片隅でいつもカピカピになってしまったり、乾燥しないように袋に入れたら今度はカビてしまったりと、しょうがの保存にいつも失敗している私(◞‸◟)

じゃ、いっその事チューブにすればいいのでは??と思いますよね?

でも、チューブのしょうがって香りも味もやっぱり違うんですよ(^^;

。。。とまあ、そんな面倒くさい私が愛用する「発酵しょうが」

凄く便利で、しょうががとっても美味しくなるので、是非皆さんにも使って頂きたいんです‼️


では早速「発酵しょうが」を作って行きますね( ^ω^ )

「発酵しょうが」の作り方

<材料>
・しょうが
・煮沸消毒したガラスびん

生姜
<作り方>
①よく洗って水分を拭きとった生姜を、せん切りorみじん切りorすりおろしにします

みじん切りした生姜

②煮沸消毒したガラスビンに、①のしょうがを入れます

ガラスビンに入れた生姜
③あとは冷蔵庫で2週間寝かせたら出来上がり♪

1ヶ月程保存可能ですよ(^-^)v

すごく簡単ですよねー‼️

思い立ったらすぐ作れるのも私好み(๑˃̵ᴗ˂̵)


「発酵しょうが」は、発酵させる事で香りとうまみが格段に上がり、料理にひとさじ足すと味が深まります。

少量しか使わないのにその都度下ろしたり切ったりするのが面倒だったしょうがも、発酵しょうがにすれば保存も効き使い勝手も良いのでおススメですよ(^ー^)


お花見シーズンのこの時期、料理や飲み物に発酵しょうがを使って花冷えした体を温めて下さいね(o^^o)

Tags

Share