母の日特集
更新日 2015/11/26

【レシピ:ヨーグルト】ドライトマトのプニッとした食感と、甘酸っぱいヨーグルト&濃厚なクリームチーズの組み合わせは、まさにスイーツの領域!!「ドライトマトのヨーグルトカナッペ」

今日は、ヨーグルトに関する面白い記事を見つけたのでご紹介します♫

「ヨーグルト歯磨き」

ヨーグルト歯磨き

ヨーグルトといえば、腸内で乳酸菌が活躍する事は皆さんもご存知だと思いますが、実は口内でもこの乳酸菌が活躍するというのです。

乳酸菌といえば、腸内で悪玉菌をやっつけ善玉菌を増やすイメージがありますが、ヨーグルトで歯磨きをすると、歯の隙間に潜む細菌をやっつけ、それによって口臭が抑えられ、更に乳酸菌によって作り出された乳酸は、虫歯菌を撃退してくれるそうです。

では、気になるヨーグルト歯磨きのやり方ですが

①通常の歯磨きを丁寧におこないます

②一度すすいだ後に、無糖のプレーンヨーグルトでブラッシングします

③最後はヨーグルトを飲み込むor吐き出して終了

最後に口をゆすぎたい所ですが、水でゆすいでしまうと乳酸菌が口内から出てしまうので、ゆすがない方が良いそうです。

歯周病予防にも効果的な、このヨーグルト歯磨き。

高い歯磨き粉を使わなくても、ヨーグルトで歯の健康が保てるなら是非取り入れたいですよね。

我が家も今晩から実践してみたいと思います♫

しかし、ヨーグルトって万能すぎますよね(o^^o)

さて今日は、前回に引き続き、ヨーグルトで戻す乾物レシピ。

第2弾は、「ドライトマトのヨーグルトカナッペ」をご紹介します。
ドライトマト

トマト栄養素として有名な「リコピン」

リコピンは熱が加わっても失われにくく、乾燥するとグルタミンサンという旨味成分が凝縮され、全体の栄養価も高くなります。

天日干しするとビタミンDの栄養価が高くなる事も特徴です。

その他にも食物繊維、むくみ対策のカリウム等がドライトマトになると増加する事がわかっています。

今回初めてドライトマトを食べてみましたが、トマトの旨味と甘味がギュッと凝縮されていて、はちみつでもかかっているかの様な甘さが印象的でした。

では、早速作ってみたいと思います♫

「ドライトマトのヨーグルトカナッペ」の作り方

<材料>

・ドライトマト 5〜6個

・ヨーグルト 100g

・ドライゆず(なくてもOK) 少々

・クリームチーズ(なくてもOK)適量

・ドライパセリ 少々

※ドライゆず、クリームチーズは、本来のレシピにはありません。

<作り方>

①ドライトマトとドライゆずを細かく刻みます。

ドライトマトを刻む

②ドライトマトとゆずをヨーグルトに浸けて7〜8時間冷蔵庫で戻します。
ドライトマトと柚子をヨーグルトに漬ける

③バケットにクリームチーズを塗り、ヨーグルトで戻したドライトマトを盛り付け、ドライパセリを振りかけて出来上がり♫
クリームチーズを塗ったバケットに盛りつける

ドライトマトのプニッとした食感と、甘酸っぱいヨーグルト&濃厚なクリームチーズの組み合わせは、まさにスイーツの領域!!

こりゃ、ワイン飲むしかないでしょう♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

クリスマス料理としても喜ばれる事間違いなしのこの一品☆

こちらもヨーグルトで戻して盛り付けるだけの簡単レシピです♫

是非 一度お試し下さい(-_^)

Share