塩こうじ 醤油こうじ 味噌
更新日 2021/01/28

【レシピ:甘酒・醤油麹】「発酵恵方巻」後編~発酵調味料を使った具材で恵方巻作り~

発酵恵方巻
皆さんこんにちは、営業部の久田です

2月2日は「節分」

立春の前日に行われる「節分」の伝統的な行事として、「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆をまき、年齢の数だけ豆を食べる厄除けを行う風習があります。

他にも邪気除けの柊鰯を飾るなど、地方や神社などによって異なるそうです。

最近では節分に「恵方巻」を食べる習慣の方が浸透していますね。

「恵方巻」の起源は定かではありませんが、「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじりし、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」と言われています。

この「恵方巻」を、タニカらしく発酵食品を使って作ってみたいと思います!
前回作った具材を巻いていきますよ♪


「発酵恵方巻」の作り方

<材料>中巻き4本分
=すし飯の材料=
・ご飯 2合

☆酢 大さじ3

☆砂糖 大さじ2

☆塩 小さじ1 

=具材=
・カニカマ 12本

・きゅうり 1本

・さくらでんぶ 少々

・玉子焼き 1本

・椎茸煮 適量

・かんぴょう煮 適量

・全海苔 4枚

↓↓玉子焼き、椎茸煮、かんぴょう煮 の作り方はコチラをご覧ください↓↓


「発酵恵方巻」前編~発酵調味料を使った具材作り~ https://tanicablog.com/20210126_hakouehoumaki/

<作り方>

① 酢めしを作ります。ボウルに☆の調味料で合わせ酢を作ります。ご飯と混ぜ合わせ冷ましておきます。

② きゅうりと玉子焼きは縦に4等分に切ります。

③ 巻きすの上に海苔を置き、ご飯を広げます。
(巻き終わりの部分にはご飯をのせないようにします)

④ ご飯の上に、さくらでんぶ、きゅうり、カニカマ、玉子焼き、椎茸煮、かんぴょう煮をのせ、丁寧に巻けば完成です✨
(巻き終わったら崩れないように、巻きすごと上から数回ギュッギュっと握ります)
ご飯の上にさくらでんぶをのせる

ご飯の上に具材をのせる

恵方巻完成
発酵恵方巻ができました!!無事具材も中心にきて、断面もキレイです。

せっかくきれいに巻けたのに、丸かじりするのは心苦しいのですが、思い切ってがぶりっ!

「おいひ~」←口いっぱいにかじったヒト

酢めしにも具材にも発酵食品を使っているので、具材たちが見事に調和しています。
味付けも濃くなく、とっても美味しいです(≧▽≦)

今年は新型コロナウイルスの影響で、ステイホーム中の「節分」
発酵恵方巻で、コロナ禍に負けない体づくりを心がけましょう!



Share