発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2016/04/08

甘みとスパイシーさとまろやかさが絶妙!!にんじん嫌いのお子さんでも、嘘の様にモリモリ食べてくれる「人参とカラムーチョのシリシリ」(^_^)v

子どもの食べ物の好き嫌いで苦労した経験はありませんか?

我が家の兄弟は食の好みが正反対で、長男は肉も魚も大好きなのに野菜が苦手で、次男は野菜は大好きなのに肉と魚は嫌いという、食に関しては母親泣かせの兄弟なのです(T_T)

同じ様に育てているのになぜなんでしょうね(^_^;)

子育て七不思議の一つです( ? _ ? )

ランチ中のせんちゃん、そうちゃん

しかし、そんな息子達ですが、二人が取り合ってでも食べる人気メニューがあります(^ ^)

それは、にんじんと、大人なら誰もが食べた事のある、あの有名なお菓子のコラボ!!

それは。。。

ジャーーン!!!

コイケヤ「カラム〜チョ」ーーーー*\(^o^)/*

コイケヤカラムーチョ

にんじんとお菓子を使った料理なんて想像がつきませんよね(^_^;)

でもこれが、誰もがうなる一品に大変身するのです(^_^)v

では、早速作ってみましょう♫

材料は、にんじん、カラムーチョ、お好みでマヨネーズ少々。

作り方は、

①にんじんを千切りにします。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、千切りしたにんじんを炒めます。

オリーブオイルで人参を炒める

③にんじんがしんなりしてきたら、いよいよカラムーチョを投入!!

量はお好みでOKです(^_^)v

我が家は、にんじん1本に対して1/2袋入れます。

④全体に絡める様にさっと炒めます

カラムーチョを加える

⑤お皿に盛り付けて、お好みでマヨネーズをかけたら出来上がり♫

お皿に盛りつけ完成

何度食べても美味しいーーー(≧∇≦)

カラムーチョだけで食べると子どもには辛いですが、にんじんと炒める事でにんじんの甘みを際立たせ、不思議と辛味を感じないのです。

さっと炒めてあるだけなので、カラムーチョのサクサク感も楽しめます♫

味付けはカラムーチョとマヨネーズだけなのに、甘みとスパイシーさとまろやかさが絶妙!!

大人も子どももハマる、最高の一品が出来上がりました(^_^)v

にんじんに含まれるカロテン(ビタミンA)は、のどや鼻の粘膜を丈夫にし、細菌に対して免疫力を高める為、風邪の予防や花粉症でダメージを受けた皮膚や粘膜も健康な状態に戻してくれます。

にんじんを毎日の食事に加える事で、風邪をひきにくい体質、花粉症対策にもつながりますよ(^_^)v

にんじん嫌いのお子さんでも、嘘の様にモリモリ食べてくれる事間違いナシ!!

うちは2日に一度は食卓に上がる定番メニューになりました(^_^;)

にんじんをモリモリ食べて、辛い花粉症を撃退しましょう( ̄^ ̄)ゞ

Share