発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2015/03/10

乾燥大豆をKAMOSICOで戻す編!

今回は、KAMOSICOを使用して乾燥大豆を早くふっくら戻す方法をご紹介します!

農家自慢のお米

先日、お米屋さんから美味しい大豆を頂きました。

大豆といえば、納豆や煮豆、以前から作ってみたかった味噌や豆乳、おから料理等々発酵食品や健康食品の代表格ともいえる食材ですが、その工程や手間から自分で作るのは諦めていた方も多いのではないでしょうか?

私も作る発想すらありませんでした(^^;;

でも、カモシコに出会ってからは、面倒な工程一切なしにヨーグルト、納豆、塩こうじなどが簡単に、しかも楽しく作れるので以前より健康的な食生活を送っています(^_^)v

カモシコで今度は何作ろうかな〜なんて考えるのも楽しみのひとつです♫

さて、今回は乾燥大豆を使いますが、乾燥大豆は水に一晩浸けて戻す作業が必要です。

そこで、カモシコを使ったら短い時間で美味しく仕上げられるかもしれない!と思ったので試してみる事にしました♫

乾燥大豆を水に入れる

まず、乾燥大豆をよく洗い、熱湯消毒したカモシコの専用容器に、大豆と容器にいっぱいの熱湯を入れます。

KAMOSICO

設定温度65度、時間4時間でスタートします。

KAMOSICOで大豆ができた

こんなにふっくらになりました*\(^o^)/*

一晩浸けなくても、たった4時間で戻せるので時短です(^_^)v

次回はこの大豆を使って、自家製豆乳に挑戦してみたいと思います(o^^o)

お楽しみに〜♫

Share