発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2015/01/26

【作り方:レモン塩】モロッコ定番の調味料、テレビや雑誌で話題の「レモン塩」!

今回は、実は発酵食品!話題の「レモン塩」をご紹介します。

少し前にテレビや雑誌で話題になっていた「レモン塩」ご存知ですか?

実はこの「レモン塩」も発酵食だったのです(^^)

もともとモロッコの定番の調味料らしく、レモンを塩に漬けて発酵させ、そのエッセンス、果実、ピール(皮の部分)を使うそうです。

モロッコでは鍋や煮込み料理に多く使われ、日本でもその美味しさや効果に注目が集まり、最近では料理本まで出る程になりました。

今まで料理にレモンを使う事はあまりなかったのですが、そんなに美味しくて万能調味料になるならと今回作ってみる事にしましたp(^_^)q

では、早速作っていきましょう♫

「レモン塩」の作り方

<材料>

•国産レモン 3個
•粗塩 500g

レモン塩材料

<作り方>

①水で濡らしたレモンに塩をこすりつけて汚れを落とします。

レモンに塩を付ける

②両端を切り落とし、一つは乱切り、残り二つは5ミリ程の輪切りにします。

レモンの輪切り

③1リットルのガラスポットを熱湯消毒し、底が隠れる程度の塩を敷き詰めます。

塩

④レモンを敷きます。

レモン敷き詰め

⑤レモンが隠れる程度の塩を敷き詰めます。レモンと塩を交互に敷き詰めます。

塩を敷き詰める

⑥しっかりと蓋をし、上下に振ってレモンと塩を馴染ませます。

冷暗所か冷蔵庫で保存し、1日に一度は振って中身を馴染ませます。

ビンに入れてなじませる

1週間程してレモン汁が出て、レモンの皮が透明になってきたら出来上がり☆

レモン塩は、雑菌を避け適正な温度管理をすれば時間をかける程に旨味が増していくそうです。

まずは、1週間後が楽しみです♫

レモン塩の熟成具合をご報告しつつ、これから色々なレシピを考えているのでお楽しみに〜(^з^)-☆

Share