発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2016/09/06

手間暇かけて出来上がった時は感動モノ(≧∇≦)キャンプ場で「手作りヨーグルト作り」に挑戦!!

キャンプ

本日は、休みを利用して2泊3日のキャンプです♫

今回、男子達の目的は「釣り」

釣り竿

前回、お隣のテントの方に釣りをさせて貰って以来、長男坊が釣りにハマってしまったので、今回は釣竿を持ってやってきました(^ ^)

湖ではブラックバスやブルーギルという魚が釣れるそうですが、釣り体験の浅いうちの男子達に釣れるのかな(^^;;

釣りの格好だけはサマになっている長男坊(^^;;

釣り中のせんちゃん

せんちゃんも負けじと頑張ります( ^ω^ )

釣り中のせんちゃん

。。。待つ事1時間

長男坊は念願のブラックバスGET!!

ブラックバスとそうちゃん

せんちゃんも、お父さんに手伝って貰ってブルーギルGET!!

ブルーギルとせんちゃん

生きた魚は活きがいいので、怖がりの長男坊は恐る恐るの表情ですが、さすが怖いもの知らずの次男坊は余裕の表情(^^;;

写真を撮った後は、ちゃんとリリースしました(^ ^)

この後も、それぞれ数匹のブラックバスを釣り上げ、大満足の子供達(o^^o)

その分、お父さんは大変だったけどね〜(^^;;

でも良い思い出になりました(^_−)−☆

さて、私はというと、念願だった青空の下で「手作りヨーグルト作り」に挑戦してみました♫

以前からずっとチャレンジしてみたかったのですが、ヨーグルト作りの条件となる温度管理をどうするかが問題でしたが、この日は朝から気温30度。

この分だと、お昼には35度を超えそうな勢い!!

これなら何とかなるかな〜(^^;;と、少々見切り発進ではありましたが、ヨーグルト作りスタート(^O^)/

「手作りヨーグルト」の作り方

今回使ったのはこちら☆

・雪印メグミルク 特濃500ml

・R−1ヨーグルト

・熱湯消毒した密閉ガラス瓶

・スプーン

ヨーグルトの材料

今日のアシスタントはせんちゃんです(^_^)v

まず、熱湯消毒したガラス瓶に、ヨーグルトを入れます。

瓶にヨーグルトを入れる

次に、牛乳を入れます

牛乳を注ぐ

混ぜます よく混ぜる

陽の当たる場所に置いて8時間放置しまーす*\(^o^)/*

日の当たるところで放置

2時間経過。。。現在温度計は31度。

ちょっと温度が低いな〜(^^;;

ヨーグルトを湯せんにかける

その後、気温が30度まで下がってしまったので、45度に温めたお湯にガラス瓶ごとつけてみる事にしました(^_^)

その後も、なかなか気温が上がらず、タオルで包んだり、再度お湯につけてみたり試行錯誤する事8時間!!

何となく固まってきた様だったので、クーラーボックスに入れて明日の朝まで冷やしてみました。

さぁ、ヨーグルトは出来ているのでしょうか???

翌朝。。。

ジャーーーーーン!!!

ちゃんと固まっていました(^_^)v

ヨーグルト完成!

では、いざ実食!!

ヨーグルトとビーポーレン

う・う・うまーーーーーーーーーーーいぃーーーーー!!!

外で食べるヨーグルトはいつもの数倍美味いっ(≧∇≦)

今回のヨーグルト作り、色々紆余曲折ありましたが、手間暇かけただけあって出来上がった時には感動モノでした(≧∇≦)

今まで、カモシコやヨーグルティアで簡単に作っていたヨーグルトですが、温度管理するのは本当難しいんですね(^^;;

いや〜、改めてカモシコやヨーグルティアに感謝です☆

次回は、今回ヨーグルトのトッピングに使った「ビーポーレン」という、アメリカのセレブに大注目のスーパーフードについてご紹介しますね(^_−)−☆

Share