14
41

モンゴル生まれのLP432ドリンクタイプ×明治おいしい牛乳編

今回は、モンゴル生まれのLP432ドリンクタイプでヨーグルトを作ろうと思います。 発酵乳ではないのですが、生きた乳酸菌と書いてあるので固まることを期待してチャレンジしてみます。

材料

  • LP432165ml(1本)
  • 明治おいしい牛乳900cc
  • 発酵温度41℃
  • 発酵時間7時間

実験レポート

乳清はかなり多かったです。
時間が長かったのに、酸味がほとんどなく、ホロホロと崩れます。
口当たりはなめらかで、甘くてヤクルトっぽい風味がします。
元のヨーグルトも、ヨーグルトと言うよりカルピスのようなさわやかな味だったので、似た風味になりました。

作り方

  1. レンジで消毒した内容器にヨーグルトと牛乳を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)

  2. 発酵温度41℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。

  3. まだ固まらないので、7時間追加します。

  4. 固まっていなかったのでさらに7時間追加。

  5. 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。

おすすめアイテム

  • ヨーグルティアS

    ヨーグルティアS

    ヨーグルティアを大幅に改良!設定温度やタイマーの進化、ブザー機能の追加など、発酵食作りにうれしい機能を拡充しました。

    詳しくはこちら
  • ABCT種菌

    ABCT種菌

    4つの乳酸菌が入っていてカラダに良い、タニカ電器オリジナルのヨーグルト種菌。扱いやすい粉末にしています。

    詳しくはこちら
タニカ電器公式オンラインストア

商品紹介

  • モンゴル生まれのLP432ドリンクタイプ

    LP432菌は生きて腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌です。
    数ある乳酸菌の中でも、生きて腸まで届く乳酸菌はわずかです。
    私たちがモンゴルの乳製品から選び出した乳酸菌は約2,000株。
    その中でも、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを整え、人のからだに有益なプロバイオティクス効果のある乳酸菌は約20株でした。
    LP432菌は、そこからさらに選りすぐられた乳酸菌です。
    研究試験の結果、LP432菌が胃酸にも胆汁酸にも耐え、腸内にとどまることを確認。
    さらに、ヒトの便の研究からもLP432菌が便中で元気に生きていることが証明されました。
    ※南日本酪農協同株式会社HPより

    食品表示

    栄養成分 1本165ml当り

  • 明治おいしい牛乳

    「明治おいしい牛乳」はなぜおいしいのか。
    その理由は3つのこだわりにあります。
    1つ目は、原料となる生乳へのこだわり。
    2つ目は、新鮮な牛乳のおいしさを実現するための製法へのこだわり。
    3つ目は、確かなおいしさをお届けするための品質チェックに対するこだわりです。
    ※明治乳業HPより

    食品表示

    栄養成分 200ml当り