発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2020/12/24

【作り方:ヨーグルト】ヤクルトソフール プレーン×明治おいしい牛乳 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今日は、ヤクルトのカップヨーグルト「ソフール」でヨーグルトを作ろうと思います。

ヤクルトでは上手く固まりませんでしたが、カップのヨーグルトなら固まってくれると思うので、チェレンジしてみます。

今回の実験内容 ヤクルトソフール プレーン×明治おいしい牛乳

①ヤクルトソフール 1カップ(100ml)

②明治おいしい牛乳 900ml

③発酵温度 41℃

④発酵時間 7時間

ソフール、明治おいしい牛乳、ヨーグルティアS

ヤクルトソフール プレーンの紹介

腸内で有用な働きをする乳酸菌シロタ株が入った、ハードタイプのヨーグルトです。
生きた乳酸菌シロタ株が1個に10億個以上入っています。
※ヤクルトHPより
ヤクルトソフール

明治おいしい牛乳の紹介

「明治おいしい牛乳」はなぜおいしいのか。
その理由は3つのこだわりにあります。
1つ目は、原料となる生乳へのこだわり。
2つ目は、新鮮な牛乳のおいしさを実現するための製法へのこだわり。
3つ目は、確かなおいしさをお届けするための品質チェックに対するこだわりです。
※明治乳業HPより
明治おいしい牛乳

実験開始

  • レンジで消毒した内容器にヨーグルトと牛乳を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の内容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)
  • 発酵温度41℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。
出来上がったヨーグルト

試食

しっかりと固まりました。
酸味は少なく、甘みがあります。

固さ ★★★★☆
酸味 ★★☆☆☆
乳清はありませんでした。
固まっていましたが、口に入れるとホロホロと崩れる口当たりです。
元のヨーグルトはゼラチンと寒天が入っていてプリンみたいな食感で、味もヨーグルトプリンという感じだったので、それよりはかなりヨーグルトらしいものになりました。
混ざりにくいので、先に潰してから入れました。

ヤクルトソフール プレーンの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:はっ酵乳
・内容量:100ml
・原材料名:脱脂粉乳、クリーム、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、全粉乳、ゼラチン、寒天/香料
・無脂乳固形分:9.0%
・乳脂肪分:1.8%

栄養成分表示 1個(100ml)当り

・エネルギー:92kcal
・たんぱく質:3.9g
・脂質:2.0g
・炭水化物:14.6g
・食塩相当量:0.1~0.2g
・カルシウム:130mg
・関与成分:LカゼイYIT9029(シロタ株)10億個以上

明治おいしい牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:900ml
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.5%以上
・殺菌:130℃2秒間

栄養成分表示 コップ1杯(200ml)当り

・エネルギー:137kcal
・たんぱく質:6.8g
・脂質:7.8g
・炭水化物:9.9g
・食塩相当量:0.22g
・カルシウム227mg

Share