発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2015/12/27

「かなの実験室」より、かなちゃんファミリー&「ハルの初心者日記」よりマイファミリーで「タニカブログ☆オフ会」後編

発酵バター
前回は、禁断の珍味料「ベジマイト」ご紹介をしましたが、今回のオフ会では、他にも発酵食品の試食を行いました。

まずは、「発酵バター」

発酵バターは、以前にもかなちゃんの実験室で紹介されていましたが、こちらは、よつ葉の発酵バター。

ふわりと香り立つ発酵バターは、特にデニッシュやパイ、焼き菓子にオススメ!一口食べただけで鮮やかなバターの香りに包まれます。パティスリーでは、濃厚なコクを生かすためにあえてバタークリームなどの生菓子に使用することも。

甘みや苦みの強い素材と合わせてもきちんと主張してくれるバターです。

( よつ葉乳業HPより)

美味しそう( ^ω^ )

私、発酵バターは未体験なのですσ(^_^;)

という訳で、ここで発酵バターと普通のバターとの違いをご説明します(^ ^)

〈発酵バター〉

生乳から作られています。

まず、生乳をクリームと脱脂乳に分類し、クリームを乳酸菌で発酵させたものが発酵バターになります。

発酵による独特の香りとコクが加わり、深い味わいのバターで、ヨーロッパではよく使われるバターです。

〈非発酵バター〉

発酵させていないクリームから作られるバターで、温和な風味で知られています。

発酵バターより保存がきき、日本では非発酵バターがよく使われています。

また、この非発酵バターに食塩を加えて長期保存を可能にしたのが、有塩バターです。

ふむふむ、なるほど。

では、早速試食。。。

発酵バターをパンに塗る

まずは、パンに塗ってそのまま食べて見ます。

んっ!!

爽やかな口当たり!

そして、軽いっ!!

もっと発酵バター独特の匂いやクセがあるかと思っていましたが、意外にも、普通のバターよりも食べやすい!!

乳酸菌で発酵しているからか、後味さっぱりなのに後引く美味しさ(≧∇≦)

発酵バターを食べた事がない方でも、こちらのよつ葉の発酵バターは、100gの少量パックでお値段も300円前後で購入できるそうなので試してみるにはちょうど良いですよ♫

発酵バターは、クリームを乳酸菌で発酵させるので、乳酸菌のチカラで腸にお肌にもプラスに働きます。

せっかく食べるなら体にプラスに働く発酵バターの方が良さそう( ^ω^ )

我が家は発酵バターに決まりですV(^_^)V

その他にも色々な発酵食品を持ってきてくれたのですが、食べ忘れてしまったので、また改めてご紹介しますね(^з^)-☆

オフ会の締めは、我が家のお気に入りの日間賀島へlet’s go♫

日間賀島の海

こちらもとっても楽しい時間を過ごす事が出来ました♫

かなちゃんファミリーありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Share