発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2020/07/28

【作り方:甘酒】甘酒酵素で甘酒づくり 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

みなさんは、すばる屋さんの甘酒酵素をもう試されましたか?

まだの方のために、一度作り方をおさらいしてみようと思います♪

今回の実験内容 甘酒酵素で甘酒づくり

①甘酒酵素 1包
②米    1合
③水    100ml
ヨーグルティアS,甘酒酵素

甘酒酵素

・簡単で経済的!
手作り甘酒タニカのヨーグルトメーカーを使って「甘酒酵素」にご飯と水を混ぜるだけで、経済的にノンアルコール・無添加の甘酒がお作り頂けます。
市販の甘酒を購入するより経済的で、冷蔵庫に常備しておくと手軽な栄養補給にも役立ちます。
・無添加だから安心安全
市販の甘酒には、砂糖や塩などで味を調整したり、添加物が入っているものもあるので、無添加の手作り甘酒がおススメです。
扱いやすい1回使い切りの粉末タイプです。
・美味しくて健康的
甘酒は美味しいだけでなく、ブドウ糖やアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。
そのまま飲むだけでなく、砂糖やみりんなどの代わりに調味料として使うと、やさしい甘みが加わり、コクや風味がアップします。


甘酒酵素特設ページはこちら https://tanica.jp/amazake-enzyme/

実験開始

  • ご飯を炊飯器で普通に炊きます。(今回は少し柔らかめに炊きました)
  • 水100mlを入れて、粗熱をとったら甘酒酵素を入れてよく混ぜます。
  • 内容器に入れたご飯
  • 発酵温度60℃、時間6時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • できあがったら冷蔵庫で冷やします。
出来上がった甘酒

試食

甘くてさらっとしています。

みやここうじで作るより甘さは少ないですが、米粒が良く溶けていて、とても飲みやすいです。

こうじ臭さも少なく、今までの手作り甘酒が苦手だった方にもチャレンジしてもらいたいです。

甘酒酵素の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:甘酒用酵素製剤
・内容量:2g
・原材料名:米粉(米(国産))/酵素

栄養成分 1包(2g)当り

・エネルギー:7.8kcal
・たんぱく質:0.2g
・脂質:0.03g
・炭水化物:1.7g
・食塩相当量:0.003g

Tags

Share