発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2020/03/23

【作り方:ヨーグルト】森永ビヒダスのむヨーグルト×明治おいしい牛乳 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

ビヒダスの飲むヨーグルトでヨーグルトを作ったことがなかったな~と思ったので、作ってみることにしました。

今回の実験内容 森永ビヒダスのむヨーグルト×明治おいしい牛乳

①ビヒダスのむヨーグルト 100ml
②明治おいしい牛乳    900ml
③発酵温度        41℃
④発酵時間        7時間

ヨーグルティアS、ビヒダスのむヨーグルト、明治おいしい牛乳

森永ビヒダスのむヨーグルト

ビフィズス菌BB536が腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます【機能性表示食品】。
家庭内で常備でき、無理せず、残さず飲みきれる手ごろな容量・価格でお試し頂けます。

※森永乳業HPより
ビヒダスのむヨーグルト

明治おいしい牛乳

「明治おいしい牛乳」はなぜおいしいのか。
その理由は3つのこだわりにあります。
1つ目は、原料となる生乳へのこだわり。
2つ目は、新鮮な牛乳のおいしさを実現するための製法へのこだわり。
3つ目は、確かなおいしさをお届けするための品質チェックに対するこだわりです。

※明治乳業HPより
明治おいしい牛乳

実験開始

  • レンジで消毒した内容器にヨーグルトと牛乳を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)
  • 発酵温度41℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。
完成したヨーグルト

試食

しっかりと固まりました。
酸味があり、トロっとしていて伸びが良いです。

固さ ★★★☆☆
酸味 ★★★☆☆
乳清はほとんどありませんでした。
酸味も固さちょうど真ん中で、一般的なヨーグルトが出来上がりました。
コクがあり、クせはありません。

ビヒダスのむヨーグルトの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:発酵乳
・内容量:750g
・原材料名:乳製品、砂糖、デキストリン/安定剤(ペクチン)
・無脂乳固形分:8.0%
・乳脂肪分:0.8%

栄養成分 一日当たりの摂取目安量(150g)当たり

・エネルギー:92kcal
・たんぱく質:4.4g
・脂質:1.4g
・炭水化物:15.4g
・食塩相当量:0.2g
・カルシウム:160mg
・機能性関与成分:ビフィズス菌BB536 20億個

明治おいしい牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:900ml
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.5%以上
・殺菌:130℃2秒間

栄養成分 コップ1杯(200ml)当り

・エネルギー:137kcal
・たんぱく質:6.8g
・脂質:7.8g
・炭水化物:9.9g
・食塩相当量:0.22g
・カルシウム:227mg


Share