発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2019/02/22

【作り方:ヨーグルト】濃厚4.4×ABCT種菌 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、濃厚な牛乳でヨーグルトを作ったら濃厚なヨーグルトになるのか気になったので、成分調整してある乳飲料でヨーグルトを作ることにしました。

低脂肪乳などの調整乳は固まらないことも多いのですが、濃厚にしてある分にはあまり問題なさそうに感じます。

バローの「濃厚4.4」という乳飲料でチャレンジしてみます。

濃厚4.4は、バローのPBですが、協同乳業(株)が作っていますので、協同乳業の「しっかり濃厚4.4」と同じものだと思います。

生クリームのようなコクのある濃厚な牛乳で、濃い牛乳が好きな方には美味しいと思います。

果たしてこれでヨーグルトを作ると濃厚なヨーグルトになるのでしょうか。

今回の実験内容 濃厚4.4×ABCT種菌

①濃厚4.4 700ml
②ABCT種菌 2g(1包)
③発酵温度 42℃
④発酵時間 12時間
ヨーグルティアS、濃厚4.4、ABCT種菌

協同乳業株式会社 濃厚4.4

しっかりとした濃いミルクの味わいにこだわりました。
濃厚でコクのある贅沢なおいしさを追求した満足感のある味わいです。
※協同乳業(株)HPより
濃厚4.4

ABCT種菌

ABCT種菌はタニカ電器オリジナルのヨーグルト種菌です。
市販のヨーグルトは1~2種類の乳酸菌で作られていますが、ABCT種菌では4種類の乳酸菌が1グラムに約1000億個含まれています。
※タニカ電器(株)HPより
ABCT種菌

実験開始

  • レンジで消毒した内容器に濃厚4.4とABCT種菌を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)
  • 発酵温度42℃、時間12時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。
ヨーグルトの完成

試食

固まらないと怖いので少な目で作りましたが、しっかりと固まりました。

酸味は少しあります。

固さ ★★☆☆☆
酸味 ★★★☆☆
乳清はありません。

固まっていますがドロッとなめらかな口どけで、生クリームの様なコクを感じ、美味しいです。

普通の牛乳よりは濃厚なコクを感じますが、牛乳をそのまま飲んだ時ほどの差は感じません。

濃厚4.4の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:乳飲料
・内容量:1000ml
・原材料名:乳、乳製品、ビタミンD
・無脂乳固形分:8.5%
・乳脂肪分:4.4%

栄養成分 200ml当り

・エネルギー:150kcal
・たんぱく質:6.6g
・脂質:9.3g
・炭水化物:10.0g
・ナトリウム:60~144mg
・カルシウム:210mg
・ビタミンD:1.3μg

ABCT種菌の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:ABCT種菌(ヨーグルト種菌)
・内容量:2g
・原材料名:脱脂粉乳、乳酸菌(アシドフィルス菌GL-1・ビフィズス菌BL-730・ガゼイ菌CS-107・サーモフィルス菌)
・発酵温度:42℃
・発酵時間:12時間

Share