発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2020/11/09

【作り方:ヨーグルト】情熱価格北海道プレーンヨーグルト×明治おいしい牛乳 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

皆さんはドン・キホーテのPB「情熱価格」をご存知でしょうか。

ただでさえお値打ち価格のドンキで安定的にお値打ち価格で販売されている商品で、私はよく購入します。

今回は、その情熱価格の北海道プレーンヨーグルト(無脂肪)でヨーグルトを作ってみようと思います。

今回の実験内容 情熱価格北海道プレーンヨーグルト脂肪0×明治おいしい牛乳

①北海道ヨーグルト脂肪0 100g

②明治おいしい牛乳 900ml

③発酵温度 41℃

④発酵時間 7時間

北海道プレーンヨーグルト脂肪0、明治おいしい牛乳、ヨーグルティアS

情熱価格北海道プレーンヨーグルト脂肪0の紹介

北海道産の原材料を使用したプレーンヨーグルト。
生きて腸まで届く乳酸菌BB-12を使用しております。
※ドン・キホーテHPより
北海道プレーンヨーグルト脂肪0

明治おいしい牛乳の紹介

「明治おいしい牛乳」はなぜおいしいのか。
その理由は3つのこだわりにあります。
1つ目は、原料となる生乳へのこだわり。
2つ目は、新鮮な牛乳のおいしさを実現するための製法へのこだわり。
3つ目は、確かなおいしさをお届けするための品質チェックに対するこだわりです。
※明治乳業HPより
明治おいしい牛乳

実験開始

  • レンジで消毒した内容器にヨーグルトと牛乳を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の内容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)
  • 発酵温度41℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。
完成したヨーグルト

試食

しっかりと固まりました。
酸味があります。

固さ ★★★☆☆
酸味 ★★★★☆
乳清はありませんでした。
元のヨーグルトも酸味が強かったので、同じような味になりましたが、牛乳は普通のを使ったので、元のヨーグルトより濃厚になりました。

情熱価格北海道プレーンヨーグルト脂肪0の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:はっ酵乳
・内容量:400g
・原材料名:乳製品、乳、乳たんぱく
・無脂乳固形分:12.0%
・乳脂肪分:0.4%

栄養成分 100g当り

・エネルギー:48kcal
・たんぱく質:4.8g
・脂質:0.4g
・炭水化物:6.4g
・ナトリウム:56mg
・カルシウム:180mg

明治おいしい牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:900ml
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.5%以上
・殺菌:130℃2秒間

栄養成分 コップ1杯(200ml)当り

・エネルギー:137kcal
・たんぱく質:6.8g
・脂質:7.8g
・炭水化物:9.9g
・食塩相当量:0.22mg
・カルシウム:227mg

Tags

Share