発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2015/03/26

【作り方:ヨーグルト】ココナッツミルクヨーグルト 

かなの実験室へようこそ!

今回はココナッツミルクを加えて、ヨーグルトを作ってみたいと思います。
今回購入したココナッツミルク缶は400ml入りでした。牛乳に比べココナッツミルクは脂肪分が少ないので、あまり多くを入れると固まらないだろうなと思いつつ・・・。
最初は思い切って1缶全部投入してみました。

でも、やっぱり。

●今回の実験内容

①明治R-1ヨーグルト
②明治美味しい牛乳 600ml 
③ココナッツミルク 400ml
④発酵温度 42℃
⑤発酵時間 7時間

ココナッツミルクヨーグルト準備

●ココナッツミルク

ココナッツミルク

●実験開始

ココナッツミルク缶を開けると、ココナッツクリームといわれる個体と液体が分離した状態になっていました。

ゆっくりと火にかけて、クリームを溶かします。

消毒した内容器に、牛乳とココナッツミルク、ヨーグルトをいれてよくかき混ぜます。
(*温度には注意してください。40℃以下に冷まさないと、ヨーグルトの乳酸菌が死んでしまい、ヨーグルトが作れませんのでご注意ください)

42℃の7時間に設定し、スタート。

 

7時間後、固まっているようにも見えませんでしたが、完全な液体でもなかったので、そのまま冷蔵庫へ入れてみました。

ココナッツミルクヨーグルト

ココナッツミルクヨーグルト

冷蔵庫から出してみると、ココナッツクリームのように上にカチカチの固まりが、下の部分はほとんど液体になっています。

味もヨーグルトの味はなく、牛乳とココナッツミルクを混ぜた味でした。

ということで、もう1回

実験2

●今回の実験内容

①明治R-1ヨーグルト
②明治美味しい牛乳 800ml 
③ココナッツミルク 200ml
④発酵温度 42℃
⑤発酵時間 7時間

●実験開始

実験の手順は実験1と一緒です。

ココナッツミルクの量を半分(200ml)にしてみました。

7時間後、実験の時と比べて固まっている感じがします。
そのまま冷蔵庫へ。

ココナッツミルクヨーグルト完成

う~ん。今回も少ないですが、ココナッツクリームのような固形があります。
が、味はヨーグルトです。酸味があります。固形部分も味は同じでした。
ということで、一旦完成。

食す

食感は全体的にざらつきがあります。かなりとろとろと柔らかいです。上部の固まっている部分もざらざら食感です。味は酸味がありヨーグルトを食べているという気持ちにはなりました。ココナッツミルクの風味と甘みも良く効いています。

硬さ ☆☆☆☆☆
酸味 ★☆☆☆☆

 

味や食感はまだまだですが、ココナッツミルクヨーグルト、一応食べられるものが出来ました。

200ミリリットルでも固形部分が出来てしまうし、ココナッツミルクの味が強くしていたので、もう少しココナッツミルクを減らして、冷蔵庫で固めるときに何度かかき混ぜるというやり方はどうだろうかと思っています。
出来上がると嬉しいので、また今度作ってみます♪

ココナッツミルクは貧血予防、むくみ防止、高血圧を防いだり、ストレス・筋肉疲労などにも効果があると言われています。食物繊維も豊富なので特に女性の健康食品として注目されています。

次回はモロミ味噌の食レポです。

●ココナッツミルクの成分表

パッケージ裏面の表示
・名称:有機ココナッツミルク
・原材料名:有機ココナッツ、糊料(グァーガム)

栄養成分(100g当たり)
・エネルギー:180kcal
・たんぱく質:1.1g
・脂質:18g
・炭水化物:3.35g
・ナトリウム:26.3㎎

Share