発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/08/23

【作り方:ヨーグルト】ケフィア菌、おいしい牛乳編

かなの実験室へようこそ!

今回は種菌第2弾。
すばる屋で購入できるケフィア菌を使ってヨーグルトを作ってみたいと思います。

ケフィア菌の発酵温度は27度、発酵時間は24時間。低温でじっくり発酵させます。

●今回の実験内容

①ケフィア菌
②明治おいしい牛乳
③発酵温度 27℃
④発酵時間 24時間

ヨーグルティアとおいしい牛乳とケフィア菌

●ケフィア菌

「ケフィア」は、長寿の人が多いコーカサス地方の伝統的発酵乳です。
一般的なヨーグルトは、1~2種類の乳酸菌でできていますが、「ケフィア」は6種類もの乳酸菌と、酵母が含まれていて、乳酸菌と酵母が共生発酵しています。

ケフィアは酵母によってアルコール発酵し、発酵時に炭酸ガスが出る為、容器が膨らみます。 ヨーロッパなどでは容器に穴を開けて販売されていますが、日本では食品衛生上穴を開けての販売が認められていないため、市販する事が出来ません。 日本ではケフィアは手づくり以外に食べる方法がないのです。

「ケフィア」の健康効果。
腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やし、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を改善します。 そのため腸がキレイになり、悪玉菌の増殖を抑え老化を防ぐといわれています。

また、便秘が解消し、ビタミンやミネラルの吸収がよくなりお肌が美しくなります。また乳酸菌とビタミンが含まれているため免疫力を高める効果もあるようです。

*すばる屋HPより抜粋

ケフィア菌

●実験開始

レンジで消毒した容器にケフィア菌と牛乳を入れてよく混ぜます。

ヨーグルティアで発酵。

冷蔵庫で冷やして完成!

固まりました。

ケフィアヨーグルト完成

食す

最初に酸味を強く感じます。その後舌にピリッとした刺激というか、苦みの様なものを感じます。味はあっさりしていますが、後味にコクを感じます。舌触りはつるっとしていて、一般的なヨーグルトの感じです。

硬さ ★★☆☆☆
酸味 ★★★☆☆

 

種菌なので混ぜるときの失敗は少なそうです。
発酵時間が24時間と長いので、私の場合は忘れてしまわないか少し心配でした。

味は基本的には一般的なヨーグルトに近い感じでしたが、強い酸味とほんのりと苦みがあるため、好みがあるかもしれません。
まとめ買いすると1包100円とお手頃価格です♪

次回は生クリーム×ヨーグルトでサワークリームを作ってみたいと思います。

●ケフィア菌の成分表

・原材料名:乳酸菌、酵母、脱脂粉乳
・乳酸菌:ラクトコッカス・ラクチス、ラクトコッカス・クレモリス、ラクトコッカス・ダイアセチラクチス、ロイコノストック・クレモリス、ラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・カゼイ
・酵母菌:サッカロマイセス・フロレンチヌス

Share