発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/05/12

【作り方:ヨーグルト】ビヒダス、おいしい牛乳編

かなの実験室へようこそ!

今回はビヒダスヨーグルトで作ってみたいと思います。ビヒダスは30年前からの定番商品で、もちろん知っていたのですが、我が家の食卓に上ったのは初めてでした!!

ヨーグルトにも家庭の味ってあるのかもしれないですね♪

●今回の実験内容

①森永ビヒダス 100g使用
②明治おいしい牛乳
③発酵温度 42℃
④発酵時間 7時間

ビヒダス、おいしい牛乳

●ビヒダスヨーグルト

ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見された、ヒトに棲む種類のビフィズス菌です。

酸や酸素に強く、製品の中での生菌数が高く、生きたまま大腸に到達することができる菌です。森永乳業では1969年にビフィズス菌BB536を発見し、すでに30年以上ビフィズス菌の研究および製品への応用を続けています。研究の結果、高い整腸作用と腸に悪影響を及ぼす大腸リスク菌ETBF菌の除菌作用も示唆されました。
*森永乳業HP 参考

ビヒダス

●実験開始

レンジで消毒した容器にヨーグルトと牛乳を入れてよく混ぜます。
(消毒後の容器には、ヨーグルトより先に少量の牛乳入れて少し容器を冷ましておくと失敗しにくくなります)

そして、ヨーグルティアで発酵。
冷蔵庫で冷やして完成!

固まりました。

ビヒダス完成

食す

しっかりとした酸味を感じるのが特徴的です。

口当たりは、なめらかでぎゅっと詰まったような感じですが、味はわりとあっさりしています。コクが少ないためか、最後まで酸味を感じます。

他のヨーグルトに比べて酸味自体が強いのかはちょっと判断できませんが、酸味を感じやすいヨーグルトが出来たので★を4つにしました。

硬さ ★★★☆☆
酸味 ★★★★☆

 

食感はなめらかでぎゅっと詰まっていて個人的には好みでした♪
酸っぱいヨーグルトが好きという方にはお勧めのヨーグルトが出来たと思います。

次回は小岩井生乳100%ヨーグルトで実験してみたいと思います。

そろそろ近くのスーパーで購入できるプレーンタイプのヨーグルトが少なくなってきました。今後は米こうじを使った甘酒や塩こうじ作りも試していきたいと思います!

●ビヒダスヨーグルトの成分表

パッケージ裏面の表示
・種類別名称:はっ酵乳
・無脂乳固形分:9.5%
・乳脂肪分:3.0%
・原材料名:生乳、乳製品
・内容量:450g

栄養成分(100g当たり)
・エネルギー:65kcal
・たんぱく質:3.7g
・脂質:3.1g
・炭水化物:5.5g
・ナトリウム:50㎎
・カルシウム:120mg

関与成分
・ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536 20億以上

Share