発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2016/12/12

【作り方:ヨーグルト】和光堂レーベンスミルクはいはい×ABCT菌編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

前回、スキムミルクとヤクルトからなんとかヨーグルトを作成し気を良くした私は、以前失敗に終わった粉ミルクヨーグルトに再チャレンジしてみようと思いたちました。

失敗した時に使ったブルガリアヨーグルトは、普通の牛乳で作っても他のヨーグルトより少しざらっとした舌触りになるので、少し特殊なのかもしれないと思い、今度はABCT菌で作ってみることにしました。

今回の実験内容 はいはい×ABCT菌

①ABCT菌 1包
②はいはい(記載通りの分量でお湯に溶いて) 600cc
③発酵温度 42℃
④発酵時間 12時間
はいはい、ヨーグルティアS、ABCT種菌

和光堂レーベンスミルク「はいはい」

乳児の栄養は母乳栄養が最良です。
しかし、何らかの理由で母乳が不足したり授乳できない状況では、育児用ミルクに頼らざるを得ない場合もでてきます。
このような時、母乳と互換できる育児用ミルクの存在意義は大きく、和光堂は、1917年(大正6年)日本で最初の育児用ミルク“キノミール”をつくりました。
以来、今日まで少しでも母乳に近づけるための改良を継続してきました。
このたび開発した新製品「和光堂レーベンスミルク はいはい」は、これまでの思想を受け継ぎ、これまで以上に母乳に近づけています。
(和光堂HPより)

はいはいの写真

実験開始

  • レンジで消毒した内容器に粉ミルクを調乳し、40度くらいに下がるまで置いておきます。
  • 温度が下がったら、ABCT菌を入れ良くかき混ぜます。
  • 発酵温度42℃、時間12時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 固まっていないので、3時間追加しました。
  • 粉ミルクで作ったヨーグルト
  • 固まっていませんが、冷蔵庫に入れて一晩冷やしました。
粉ミルクで作ったヨーグルト延長後

実験結果

固まりませんでした。

ヤクルトの時のように冷蔵庫で固まるかもと思いましたが、ダメでした。

酸味はあるので、もっと長時間発酵させれば固まるのかもしれませんが、赤ちゃんのものなので衛生的に好ましくないと思いやめました。

はいはいは、アレルゲン低減のためにたんぱく質を予備消化しているので、もしかしたらそれが原因かもしれません。
今度は別の粉ミルクでも挑戦してみようと思います。

和光堂レーベンスミルクはいはいの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:調製粉乳
・内容量:850g
・原材料名:乳糖、ホエイたんぱく質消化物、パーム油、全粉乳、パーム核分別油、大豆白絞油、ガラクトオリゴ糖液糖、カゼインカルシウム、デキストリン(でんぷん糖化 物)、精製魚油、炭酸Ca、塩化Mg、レシチン、リン酸K、塩化K、リン酸Na、水酸化K、ラクトフェリン、V.C、塩化Ca、ピロリン酸鉄、タウリン、 V.E、硫酸亜鉛、シスチン、シチジル酸Na、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.A、硫酸銅、イノシン酸Na、ウリジル酸Na、グアニル酸Na、V.B1、5'-AMP、V.B6、V.B2、葉酸、カロテン、V.D、V.B12

栄養成分 100g当り

・エネルギー 518kcal
・たんぱく質 11.7g
・脂質 27.7g
・炭水化物 55.8g
・ナトリウム 140mg
・ビタミンA:420μg
・ビタミンB1:0.4mg
・ビタミンB2:0.6mg
・ビタミンB6:0.3mg
・ビタミンB12:1.5μg
・ビタミンC:60mg
・ビタミンD:7μg
・ビタミンE:4.5mg
・ビタミンK:13μg
・ナイアシン:4.3mg
・葉酸:60μg
・パントテン:4mg
・β-カロテン:40μg
・カルシウム:380mg
・リン:210mg
・鉄:7mg
・カリウム:480mg
・マグネシウム:40mg
・亜鉛:3mg
・銅:320μg

・主要な混合物
乳又は乳製品以外の乳成分(乳糖、ホエイたんぱく質消化物、カゼインカルシウム)61.4%
乳脂肪以外の脂肪(パーム油、パーム核分別油、大豆白絞油、精製魚油、レシチン)25.0%
乳糖以外の糖(デキストリン(でんぷん糖化物))1.8%

・配合割合
乳成分 73.2%
調整脂肪 25.0%
デキストリン 1.8%

Share