発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2016/12/01

【実験:ヨーグルト】ヤクルト200×スキムミルク×オリゴ糖編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、ヤクルトからヨーグルトを作ってみたいと思います。

ヤクルトと言えば乳酸菌飲料のパイオニアで、私も小さい頃から大好きでした。
「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」という長い乳酸菌の名前もよく耳に残ってます。

美味しいのにちょっとしか入っていないので、いつか量産してガブガブ飲んでみたい!という野望を抱いていました(笑)

ヨーグルティアで作れるかな?と思いましたが、同じシロタ株でも、ソフールやジョアでは作れるのに、ヤクルトでは出来ないという話を耳にします。

そこで、ヤクルトの原材料を見てみると、牛乳ではなく脱脂粉乳にお砂糖を入れた液体で、しかも特許によると37℃という低い温度で発酵させているようなので、同じような条件でチャレンジしてみようと思います。

今回の実験内容 ヤクルト200×スキムミルク×オリゴ糖

①ヤクルト200 1本
②スキムミルク 約50g(大さ じ8杯)
③オリゴのおかげ 大さじ2杯
④発酵温度 37℃
⑤発酵時間 10時間+10時間

ヨーグルティア,ヤクルト,スキムミルク,オリゴのおかげ

ヤクルト200

生きて腸内まで到達し、腸内環境を改善する乳酸菌シロタ株を、1本(65ml)あたり200億個含んだ乳製品乳酸菌飲料です。 
※ヤクルトHPより

ヤクルト200

オリゴのおかげ

「オリゴのおかげ」は乳糖果糖オリゴ糖(トクホ成分名:「乳果オリゴ糖」)を30%配合し、お砂糖の約80%の甘さの甘味料です。
おなかの調子を整える効果を実感していただける甘味料です。
※オリゴのおかげHPより
オリゴのおかげ

実験開始

  • レンジで消毒した内容器にスキムミルクがよく溶けるように60℃にしたお湯を400ccと、スキムミルクを入れ良くかき混ぜます。
  • オリゴのおかげを加えてさらに混ぜます。
  • 40℃以下に冷めたことを確認してからヤクルト200を加え、よく混ぜます。
  • 発酵温度37℃、時間10時間にセットし て、ヨーグルティアSスタート。
  • 全く固まっていなかったので、さらに10時間延長。
  • 固まったので冷蔵庫へ入れて冷やします。
ヤクルトヨーグルト完成

試食

豆腐のように固まっていました。

乳清がたくさん出ていて、乳清に浮かんだようになっています。
食すとパサついた食感で、酸味をかなり感じます。

固さ ★★★★☆
酸味 ★★★★☆
ヤクルトの風味は感じますが、酸味が強く、美味しくはありませんでした。

少し時間が長かったようなので、次回再チャレンジしようと思います。

ヤクルト200の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:乳製品乳酸菌飲料
・内容量:65ml
・原材料名:ぶどう糖果糖液糖、砂糖、脱脂粉乳、香料
・無脂乳固形分:3.1%
・乳脂肪分:0.1%

栄養成分 1本(65ml)当り

・エネルギー 50kcal
・たんぱく質 0.8g
・脂質 0.1g
・炭水化物 11.5g
・ナトリウム 12mg
・関与成分 L.カゼイYIT9029(シロタ株)200億個

オリゴのおかげの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:オリゴ糖類食品
・原材料名:乳果オリゴ糖シロップ

栄養成分 100g当り

・エネルギー 230kcal
・たんぱく質 0g
・脂質 0g
・炭水化物 72g
・ナトリウム 0mg

森永スキムミルクの成分表

パッケージ裏面の表示

・原材料名:脱脂粉乳

栄養成分 100g当り

・エネルギー 358kcal
・たんぱく質 34.0g
・脂質 1.0g
・炭水化物 53.3g
・ナトリウム 410mg
・カルシウム:1200mg
・リン:960mg
・鉄:0.2mg
・ビタミンB1:0.4mg
・ビタミンB2:1.7mg

Share