発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2015/06/17

【作り方:ヨーグルト】BF-1×おいしい牛乳編

かなの実験室へようこそ!

今日はヤクルトの飲むヨーグルトBF-1からヨーグルトを作ってみたいと思います。

●今回の実験内容

①BF-1
②明治おいしい牛乳
③発酵温度 42℃
④発酵時間 約9時間

ヨーグルティア、おいしい牛乳、BF-1

●BF-1

◆ビフィズス菌(FK-120)のはたらき
ストレス社会で生きる現代人のために開発された、胃で働くビフィズス菌
(B.ビフィダム Y株)を使用した、乳製品乳酸菌飲料です。

酸味、甘味を抑え、あっさりした刺激の少ないマイルドな味付けで
胃にやさしいまろやかなヨーグルト風味に仕上げています。
*ヤクルトHPより

BF-1

●実験開始

レンジで消毒した内容器に牛乳と飲むヨーグルトを入れ良くかき混ぜます。
(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)

発酵温度42℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアスタート!

7時間後。
まだ固まっていません。

さらに42℃、7時間で延長。
約2時間後(開始から約9時間)、分離し始めていました。
急いで冷蔵庫へ。

完成!
少し分離はありますが、固まりました。

おいしい牛乳とBF-1でヨーグルト完成

完成したヨーグルトを食す

すごく柔らかいのに、伸びがあります。
口に含むと弾力があるようでさっと溶けて行く感じです。
食感が特徴的なヨーグルトです。

酸味はなく、ヤクルトの風味がします。
全体的に甘い感じで、コクはなくさっぱりしています。

硬さ ★☆☆☆☆
酸味 ☆☆☆☆☆

 

BF-1はヤクルトの研究で発見された胃で働くビフィズス菌(B.ビフィダム Y株)は、胃液による胃のダメージを軽減するという大学での研究結果も出ているようで、ストレスなどで胃に不安のある方にはお勧めのビフィズス菌です。

毎日継続的に摂取することで効果が期待できるようですので、ヨーグルティアで作れるのは嬉しいですよね♪

次回は新発売のコンフィチュール、瀬戸内レモンを食してみたいと思います。

●BF-1の成分表

パッケージ裏面の表示
名称:乳製品乳酸飲料
無脂乳固形分:5.5%
乳脂肪分:1.3%
原材料名:全粉乳、砂糖、脱脂粉乳、安定剤(CMC、ジュランガム)、香料、酸味料、ビタミンE、甘味料(スクラロース)
内容量:100ml

栄養成分1本あたり
・エネルギー:52kcal
・たんぱく質:2.1g
・脂質:1.4g
・炭水化物:8.0g
・ナトリウム:74㎎
・カルシウム:70㎎

Share