発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2015/06/01

【作り方:ヨーグルト】ヤクルトプレティオ、おいしい牛乳編

かなの実験室へようこそ!

今日はヤクルトの飲むヨーグルトプレティオからヨーグルトを作ってみたいと思います。

●今回の実験内容

①プレティオ(特定保健用食品)
②明治おいしい牛乳
③発酵温度 42℃
④発酵時間 約11時間

ヨーグルティア、おいしい牛乳、プレティオ

●プレティオ

血圧降下作用を有するGABA(γ-アミノ酪酸)を1本(100ml)に10mg以上含む、血圧が高めの方におすすめの乳製品乳酸菌飲料です。

プレティオのGABAは添加したものではなく、乳酸菌シロタ株とラクトコッカス ラクチスという二つの乳酸菌の作用で作られています。

*ヤクルトHPより

ヤクルト プレティオ

●実験開始

レンジで消毒した内容器に牛乳と飲むヨーグルトを入れかき混ぜます。
(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)

発酵温度42℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアスタート!
7時間後。全く固まっていませんでした。

プレティオでは作れないのかなと思いつつ、42℃の7時間にセットしたまま、もう一度スタート。

2時間後(開始から9時間)少し固まってきています。出来るかも。
3時間後(開始から10時間)固まってきていますが、分離し始めているようです。どうしようかな・・・。
約4時間後(開始から約11時間)分離が進んできているように見えたので、冷蔵庫へ。

完成!
やはり少し分離していますが、固まりました。

おいしい牛乳とプレティオでヨーグルト完成

食す

少し緩めですが、ヨーグルトとして食べられる食感です。

酸味はほとんどなく、ヤクルトの風味がします。
味、食感ともにあっさりしたタイプです。

硬さ ★☆☆☆☆
酸味 ★☆☆☆☆

 

酸味が無く、ほんのり甘い感じなのでそのままでも美味しくいただけるヨーグルトが出来ました。

一度できないかなと思ったので、出来上がった時には嬉しかったです。

ドリンクタイプは食べるヨーグルトに比べて、含まれている乳酸菌の量が少ないので、入れる量を増やすか、発酵時間を長くすると成功しやすくなるという書き込みをネットで見たのだけど、どうなのでしょう。

今回は発酵時間を長くすることで出来上がりましたが・・。

次回はのむヨーグルト毎日骨太からヨーグルトを作ってみたいと思います。

●プレティオの成分表

パッケージ裏面の表示
名称:乳製品乳酸菌飲料
無脂乳固形分:5.5%
乳脂肪分:0.1%
原材料名:還元麦芽糖水あめ、脱脂粉乳、乳たんぱく加水分解物、安定剤(ペクチン、大豆多糖類)、香料、甘味料(スクラロース)
内容量:100ml

栄養成分1本あたり
・エネルギー:36kcal
・たんぱく質:2.2g
・脂質:0.1g
・炭水化物:8.8g
・ナトリウム:40㎎
・カルシウム:70㎎
・関与成分:γ-アミノ酪酸(GABA)10㎎以上

Share