発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2020/08/27

【作り方:ヨーグルト】オハヨーロイテリヨーグルト×明治おいしい牛乳

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

乳酸菌と言えば腸内フローラが有名ですが、口内フローラにも最近注目が集まっていますね。

そんな口内フローラとしてオハヨーが発売している「ロイテリ菌」のヨーグルトから、ヨーグルトを作ってみたいと思います。

ロイテリヨーグルトは、砂糖を使わずキシリトールが入っている、お口に優しいヨーグルトです。

今回の実験内容 オハヨーロイテリヨーグルト×明治おいしい牛乳

①ロイテリヨーグルト 110g(1カップ)
②明治おいしい牛乳  900ml
③発酵温度      41℃
④発酵時間      7時間

ヨーグルティアS、ロイテリヨーグルト、明治おいしい牛乳

オハヨーロイテリヨーグルト

フローラといえば「腸内フローラ」が有名ですが、実は口の中にもフローラがあります。
腸より手前にある、身体の入り口にあるフローラ、それが「口内フローラ」。

「口内フローラ」には、1gあたり1,000億個もの菌が存在し、その種類は500種以上にもなると言われています。

口内のさまざまなトラブルを引き起こす原因になる悪玉菌とともに、これら悪玉菌に対抗するために、口内には数多くの善玉菌がすみついています。

「口内フローラ」の理想的な細菌バランスは、「善玉菌10:悪玉菌1」。
口内の健康を、守るためには、実に悪玉菌の10倍もの善玉菌が必要だといわれています。

そこで、ロイテリヨーグルト。

ロイテリヨーグルトは、日本初の良好な細菌バランスを保つことで、「口内フローラ」を整える機能性表示食品。

カラダの入り口から変えていくことで、健康な毎日を手に入れるためのヨーグルトです。

サプリメントの方が続けやすいという方には、さっぱりとしたミント味のロイテリお口のサプリメントもおすすめです。

さぁ、あなたも、おいしい新習慣をはじめませんか?

■フローラとはヒトの体内には500兆~1000兆個、500~1000種類の細菌がすみついていて、そのすみかは口、鼻、胃、小腸、大腸、皮膚、膣など、ほぼ全身におよびます。細菌数や種類、密集の度合いは場所によってさまざま。一人ひとりの体内で固有の集団である細菌叢(さいきんそう)を形成しています。細菌叢は顕微鏡で覗くと、まるでお花畑のようなことから「フローラ」と呼ばれています。
※オハヨーHPより

ロイテリヨーグルト

明治おいしい牛乳

「明治おいしい牛乳」はなぜおいしいのか。
その理由は3つのこだわりにあります。
1つ目は、原料となる生乳へのこだわり。
2つ目は、新鮮な牛乳のおいしさを実現するための製法へのこだわり。
3つ目は、確かなおいしさをお届けするための品質チェックに対するこだわりです。
※明治乳業HPより
明治おいしい牛乳

実験開始

  • レンジで消毒した内容器にヨーグルトと牛乳を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)
  • 発酵温度41℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。
出来上がったヨーグルト

試食

しっかりと固まりました。
ほどよく酸味があります。

固さ ★★★☆☆
酸味 ★★☆☆☆
乳清はありませんでした。
なめらかで、濃厚な味わいです。

元のヨーグルトは甘酸っぱく、かなり酸味の強いものでしたので、酸味は少なくなっていると思います。

オハヨーロイテリヨーグルトの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:はっ酵乳
・内容量:110g
・原材料名:生乳、乳製品、乳たんぱく、ゼラチン/甘味料(キシリトール)
・無脂乳固形分:10.0%
・乳脂肪分:2.0%

栄養成分 1個(110g)当り

・エネルギー:84kcal
・たんぱく質:5.4g
・脂質:2.4g
・炭水化物:11.8g
・食塩相当量:0.14g
・カルシウム:124mg

機能関与成分
ロイテリ菌(L.reuteri DSM17938株):2億個

明治おいしい牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:110g
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.5%以上
・殺菌:130℃2秒間

栄養成分 コップ1杯(200ml)当り

・エネルギー:137kcal
・たんぱく質:6.8g
・脂質:7.8g
・炭水化物:9.9g
・食塩相当量:0.22g
・カルシウム:227mg

Share