発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/10/24

【作り方:ヨーグルト】カルピス入りヨーグルト

かなの実験室へようこそ!

今回はカルピスを混ぜてヨーグルトを作ってみたいと思います。

●今回の実験内容

①明治R-1ヨーグルト
②カルピス 100ml
③明治おいしい牛乳 1000ml
④発酵温度 42℃
⑤発酵時間 7時間

カルピス入りヨーグルトの作り方

●カルピス

カルピス社が保有する乳酸菌が、お腹の調子を整える事はもちろん、ストレスも緩和させる。そんな驚きの効果とメカニズムが、カルピス社と徳島大学の共同研究により確かめられました。
一般の乳酸菌が、おなかの菌のバランスを整えることで、おなかの調子を良くすることは知られていますが、カルピス社だけが保有する乳酸菌「プレミアガセリ菌CP2305(L.gasseriCP2305株)は、腸の中から脳にメッセージを発信。整腸効果はもちろん、ストレス緩和や睡眠改善にも役立つことがわかりました。
*カルピスHPより

カルピス

●実験開始

消毒した内容器に少量の牛乳とカルピスを入れます。
ヨーグルトを入れて、よく混ぜます。
残りの牛乳を入れ、全てがよく混ざるように混ぜます。

ヨーグルティアで発酵。

冷蔵庫で冷やして完成!
固まりました。

カルピス入りヨーグルト完成

食す

甘味が強く食べやすいです。カルピスの風味はほんのりという感じです。R-1でヨーグルトを作ると酸味を感じやすいのですが、カルピス入りは酸味をほとんど感じないので、市販のヨーグルトに近い味でした。
食感は基本的にもっちりきめ細やかです。いつもより少し弾力が少ないかなという感じもしましたが、気のせいかもと思う程度です。

硬さ ★★☆☆☆
酸味 ★☆☆☆☆

 

美味しく食べやすいヨーグルトが出来ました。
カルピスの砂糖がきいているのでしょうか、甘味も十分あるのでそのままで美味しいです♪カルピスの乳酸菌と種となるヨーグルトの乳酸菌、両方を摂取できるのも嬉しいですね!

なんとタニカ電器Facebookキャンペーンの賞品だった幻のコンフィチュールを、ブロガー特権ということでタニカ電器さんが送ってくれました。感謝です!!
次回はコンフィチュールのお味を紹介できたらと思います。

コンフィチュール

●カルピスの成分表

パッケージ裏面の表示
・種類別名称:乳製品乳酸飲料 (殺菌)
・無脂乳固形分:3.9%
・原材料名:乳、砂糖、香料、大豆多糖類
・内容量:470ml

栄養成分(原液20ml当たり)
・エネルギー:46kcal
・たんぱく質:0.4g
・脂質:0g
・炭水化物:11.2g
・ナトリウム:5㎎
・カルシウム:11㎎

Share