発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2014/04/05

【作り方:ヨーグルト】ソフール、おいしい牛乳編

かなの実験室へようこそ!

「エルカゼイシロタカブ」

早口言葉みたいな名前ですが、昔からCMなどでお馴染みですよね。今日は古くから研究されている乳酸菌を含むヤクルトのソフールで作ってみたいと思います。

●今回の実験内容
①ヤクルト ソフールヨーグルト(特定保健用食品)
②明治おいしい牛乳
③発酵温度 42℃
④発酵時間  7時間

ソフールと美味しい牛乳

●ソフール
ヤクルトが75年以上研究し続ける乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)。を含むヨーグルトです。
強化培養された乳酸菌 シロタ株は、胃液や胆汁などの強い消化液に耐えて生きたまま腸内に到達します。乳酸菌 シロタ株を飲用したところ、もともと腸内に住むビフィズス菌が増加し、大腸菌群が減少したと報告されています。また、乳酸菌 シロタ株は腸内の悪い菌がつくる物質の生成を抑えるとも言われています。
*東京ヤクルト販売株式会社HPより

ソフール

●実験開始

レンジで消毒した容器にヨーグルトと牛乳を入れてよく混ぜます。
(消毒後の容器には、ヨーグルトより先に少量の牛乳入れて少し容器を冷ましておくと失敗しにくくなります)

そして、ヨーグルティアで発酵。
冷蔵庫で冷やして完成。

少し緩めですが固まりました!

ソフール完成

ソフールはゼラチンなどで固めてあるハードタイプのヨーグルトで、牛乳に混ぜるときに溶けにくいです。よくつぶすように混ぜることが大切です。

よく混ぜていないと、できあがりのヨーグルトが固まりません。

食す

柔らかいヨーグルトで、さらりと口の中からなくなる感じです。
酸味が全くなく、いわゆるヤクルトの風味が口の中に広がります。

硬さ ★☆☆☆☆
酸味 ☆☆☆☆☆

 

懐かしい優しい味でした。

鼻に抜ける後味が美味しくて、ついついスプーンが進みます。出来上がったヨーグルトの甘味が個人的にはちょうどよい感じで嬉しいです。
お子さんやヨーグルトの酸味が苦手な方にはお勧めのヨーグルトができたと思います。

次回はBIOで実験してみます。

●ソフールヨーグルトの成分表

パッケージ裏面の表示
・種類別名称:はっ酵乳
・無脂乳固形分:9.0%
・乳脂肪分:1.8%
・原材料名:脱脂粉乳、クリーム、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、全粉乳、ゼラチン、寒天、香料
・内容量:100ml

栄養成分(100ml当たり)
・エネルギー:92kcal
・たんぱく質:3.9g
・脂質:2.0g
・炭水化物:14.6g
・ナトリウム:46㎎
・カルシウム:130mg
・関与成分:Lかぜい7YIT9029(シロタ株)10億個以上

Share