発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2019/11/21

【作り方:チーズ】チーズ酵素でフロマージュ・ブラン 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

とうとうチーズ酵素が発売されました!

なんちゃってではないチーズが作れるなんて、とっても楽しみです。

料理が苦手な私は、一番簡単なフロマージュ・ブラン作りにチャレンジしてみようと思います。

果たしてちゃんとチーズが出来上がるでしょうか。

今回の実験内容 チーズ酵素でフロマージュ・ブラン

①ひるがの低温殺菌牛乳(殺菌温度75度以下のものを使用してください) 1000ml
②渥美半島ヨーグルト 35g
③チーズ酵素     1包
④塩         お好みで

ヨーグルティアS、低温殺菌牛乳、ヨーグルト、チーズ酵素

ひるがの低温殺菌牛乳

奥美濃地方を中心とした広大な大自然のある長良川周辺の限定された酪農家が丹精込めて健康に育てた牛から搾乳した良質な生乳を使用し、65℃で30分殺菌する事により、生乳に近い牛乳をお届け出来ます。
※美濃酪農農業協同組合HPより

ひるがの低温殺菌牛乳

渥美半島プレーンヨーグルト

渥美半島産牛乳を使用した、無糖ヨーグルトです。
ジャムやフルーツを入れるとなど、お好みで幅広くご利用頂けます。
乳酸菌はブルガリア菌とサーモフィルス菌を使用。
※中央製乳(株)HPより
渥美半島プレーンヨーグルト

チーズ酵素

チーズ酵素とは、チーズを作る際に牛乳を固めるため必要な酵素です。
この酵素を使ってご家庭でもチーズ作りをお楽しみ頂けます。
難しそうなチーズ作りも、コツさえつかめばとっても簡単!初めての方にも安心のレシピ付きです。
※すばる屋HPより
チーズ酵素

実験開始

  • 消毒した内容器に牛乳を入れ内ふたをのせて電子レンジで温め、35~38℃にします。(1000mlを500Wのレンジで4分程度)
  • 温度を測っている牛乳
  • ①にヨーグルト35gを入れよく混ぜます。
  • 内容器のふたを閉め温度を35℃、タイマーを1時間にセットしてヨーグルティアSスタート。
  • ③にチーズ酵素を加え、よく混ぜます。
  • 内容器のふたを閉め温度を40℃、タイマーを30分にしてヨーグルティアSスタート。(ヨーグルティア、KAMOSICOで作る場合はお手持ちのタイマーで計測してください)
  • ⑤が豆腐くらいに固まったら、包丁で1cm幅の格子状に切れ目を入れます。
  • 切れ目を入れたカード
  • 内容器のふたを閉め温度を40℃、タイマーを30分で再度ヨーグルティアSスタート。
  • 切れ目を入れて発酵させたカード
  • ボウルにペーパーフィルター(キッチンペーパーでも可)を広げたザルを載せ、⑦をゆっくり移します。
  • ペーパーフィルターをのせカードを移したザル
  • 乾燥しないようにラップをし、冷蔵庫で3~4時間ほど水分を切ります。
  • カードと乳清
  • 水分が切れたらお好みで塩を加え、冷蔵庫で保存します。
  • フロマージュ・ブランの完成

試食

あっという間にチーズができました!!

④のチーズ酵素を入れた瞬間からチーズの香りがしていました。

出来上がりは、塩を入れずに食べるとかなりあっさりとしています。

塩を入れると、途端にチーズの味になりました。
癖のないさっぱりとしたチーズなので、サラダなどに使うと美味しいと思います。

ひるがの低温殺菌牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:1000ml
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.6%以上
・殺菌:65℃30分間

栄養成分 コップ1杯(200ml)当り

・エネルギー:137kcal
・たんぱく質:6.8g
・脂質:7.8g
・炭水化物:9.9g
・ナトリウム:84mg
・カルシウム:227mg

渥美半島プレーンヨーグルトの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:はっ酵乳
・内容量:500g
・原材料名:牛乳、乳製品
・無脂乳固形分:9.5%
・乳脂肪分:3.0%以上

栄養成分 100g当り

・エネルギー:65kcal
・たんぱく質:3.8g
・脂質:3.0g
・炭水化物:5.7g
・食塩相当量:0.1g
・カルシウム:136mg

Tags

Share