発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2019/10/21

【食レポ:甘酒】「森永の粉末甘酒」と「日東紅茶の粉末甘酒」の飲み比べ 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

みなさん、粉末の甘酒は飲んだことがありますか?

森永の赤いパッケージの粉末甘酒が昔からの定番商品ですが、昨今の甘酒ブームで色々なメーカーさんが粉末の甘酒を出しています。

今回は、森永の粉末甘酒と、日東紅茶の粉末甘酒を飲み比べてみようと思います。

風味がどのくらい違うのか、楽しみです。
森永の粉末甘酒、日東紅茶の粉末甘酒

森永 甘酒 粉末タイプ

お湯でも冷水でも、さっと簡単に溶ける粉末タイプの甘酒です。
舌触りがよく、酒粕本来の香りと米麹のやさしい甘みをお楽しみいただけます。
また、牛乳やヨーグルトなどにプラス1さじすれば、簡単コクだしにも使えて便利です。
飲んでも、混ぜても、料理にも使える便利な甘酒です。
※森永製菓(株)HPより
森永甘酒粉末タイプ

日東紅茶 七穀麹入りの甘酒

大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米粉。
古来親しまれてきた7種の穀物から作られた麹に、酒処・灘の厳選した粉末酒粕を加えました。
華やかな香りと深いコク、上品な甘みがしっとりとからだに染み渡ります。
※日東紅茶HPより
日東紅茶七穀麹入りの甘酒

試飲 森永

森永の甘酒
溶けやすいようにお湯で溶かしましたが、かなり溶けにくいです。
酒粕の香りが結構しますが、お酒の味はそんなにしません。
お酒の香りが苦手な方はやめた方がいいかもしれないです。
すごく甘くて、飲みやすいです。
そのまま飲むのも美味しいですが、色々なアレンジに向いていると思います。

試飲 日東紅茶

日東紅茶の甘酒1包
一回分ずつの小分けになっていて使いやすいです。
夏は青いパッケージのものもありましたが、中身は全く同じ商品でした。
日東紅茶の甘酒
こちらもお湯で溶かしました。溶けやすかったです。
甘くて飲みやすいです。
酒粕も入っているようですが、こちらは酒粕の香りは全くしません。
麹の香りもそんなにしないので、気になる方には飲みやすいと思います。
本物の甘酒に比べると甘みが強いだけであまり甘酒感はありません。

森永 甘酒 粉末タイプの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:粉末甘酒
・内容量:100g
・原材料名:酒粕、砂糖、デキストリン、食塩、米麹粉末/香料、安定剤(キサンタンガム)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

栄養成分 1杯(10g)当り

・エネルギー:38kcal
・たんぱく質:1.0g
・脂質:0.17g
・炭水化物:8.1g
・食塩相当量:0.2g

日東紅茶 七穀麹入りの甘酒の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:粉末甘酒
・内容量:100g
・原材料名:砂糖、粉末酒粕、食塩、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米粉)/添加物:加工デンプン、増粘剤(キサンタンガム)、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

栄養成分 1本(12.5g)当り

・エネルギー:50kcal
・たんぱく質:0.6g
・脂質:0.2g
・炭水化物:11.6g
・食塩相当量:0.14g

Share