発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2019/04/04

【食レポ】ヤマク食品株式会社「蔵の甘酒」と株式会社宝来屋「冷やしあま酒」 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今日は近所のスーパーで売っていて気になっていた甘酒を2点、飲み比べてみたいと思います。

ヤマク食品株式会社さんの「蔵の甘酒」というカップ入りのものと、株式会社宝来屋さんの「冷やしあま酒」というペットボトル入りのものです。

どちらも味噌や麹などを扱っている老舗ですが、最近は、より飲みやすい形状の甘酒を販売しているようです。

どちらも本格派で美味しそうです。

今回の飲み比べ ヤマク食品株式会社 蔵の甘酒

米こうじの芳醇な香りと自然な甘さが生きた、そのまま飲めるストレートタイプの甘酒です。
※カップ入りです。
※ヤマク食品(株)HPより
蔵の甘酒

試飲

カップに入っている蔵の甘酒
カップになっているので、蓋を開けてそのまま頂きます。

しっかりと甘いです。
液体が多く飲みやすいです。

賞味期限が近かったからか少し酸味も感じました。
温めてみると、甘さが抑えられ、おいしいです。

お正月に神社でもらえる甘酒の雰囲気がします(笑)

今回の飲み比べ 株式会社宝来屋 冷やしあま酒

冷やしあま酒、ストレート・ボトル入【季節限定商品:春・夏のみ】
国産米の糀を使用し、仕込む際に砂糖を一切使わずに仕込んだので、自然な甘さが楽しめます。
さらに、飲みやすいようにストレートタイプに仕上げました。
手軽に飲めるペットボトル入り。
※(株)宝来屋HPより
冷やしあま酒

試飲

コップに注いだ冷やしあま酒
こちらもペットボトルなのでそのまま飲めますが、コップに入れました。

蔵の甘酒に比べると甘さが控えめです。

こちらは冷やして飲む用なので甘さを抑えてあるのかもしれません。
液体が多く飲みやすいです。

どちらも麹本来の甘さで、とても美味しかったです。

蔵の甘酒の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:甘酒
・内容量:180g
・原材料名:米、寒天、こうじ菌

栄養成分 100g当り

・エネルギー:106kcal
・たんぱく質:1.8g
・脂質:0.4g
・炭水化物:23.7g
・食塩相当量:0g

冷やしあま酒の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:あま酒(ストレートタイプ)
・内容量:350ml
・原材料名:米糀、酸化防止剤(ビタミンC)

栄養成分 100g当り

・エネルギー:90kcal
・たんぱく質:1.1g
・脂質:0.2g
・炭水化物:20.9g
・ナトリウム:16mg
・ショ糖:0g
・ブドウ糖:13.9g
・食塩相当量:0g

Share