発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2019/03/26

【作り方:ヨーグルト】毎日爽快ヨーグルト×森永おいしい牛乳 編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、森永乳業の「毎日爽快ヨーグルト」を種にしてヨーグルトを作ってみたいと思います。

森永乳業さんはビフィズス菌研究のパイオニアですね。

こちらのヨーグルトにもビフィズス菌BB536と、おなかにやさしいラクチュロース(ミルクオリゴ糖)がたっぷり入っているそうです。

食べてみると、トロっとなめらかで、不思議なフルーティーな甘さがあります。
ココナッツオイルが入っているのでその風味でしょうか。

爽やかで食べやすいヨーグルトです。

今回は牛乳もヨーグルトと合わせて森永乳業のおいしい牛乳を使って作ります。

今までの感覚としては普通に出来そうですが、どうなるでしょうか。

今回の実験内容 毎日爽快ヨーグルト×森永のおいしい牛乳

①毎日爽快ヨーグルト 100g(1カップ)
②森永のおいしい牛乳 1000ml
③発酵温度 42℃
④発酵時間 7時間

ヨーグルティアS、毎日爽快ヨーグルト、森永のおいしい牛乳

毎日爽快ヨーグルト

森永乳業から、画期的なヨーグルトが出た。
腸内環境をととのえるビフィズス菌BB536と、そのビフィズス菌を元気にするラクチュロース(ミルクオリゴ糖)4000mg入りのヨーグルトがついに出た!
スッキリ&ととのえる「毎日爽快ヨーグルト」で毎日の問題にスッキリと答えを出しましょう。
※森永乳業HPより
毎日爽快ヨーグルト

森永のおいしい牛乳

牛乳本来のコク、キレのあるのどごし。
蒸気でやさしく殺菌するから牛乳本来のおいしさそのまま。
おいしさへの自信があるから実現したストレートなネーミングの牛乳です。
※森永乳業HPより
森永のおいしい牛乳

実験開始

  • レンジで消毒した内容器にヨーグルトと牛乳を入れ良くかき混ぜます。(消毒後の容器には、最初に少量の牛乳を入れ、容器を冷ましておくことにより失敗しにくくなります)
  • 発酵温度42℃、時間7時間にセットして、ヨーグルティアSスタート。
  • 出来上がったら冷蔵庫に入れて冷やします。
ヨーグルトの出来上がり

試食

しっかりと固まりました。
酸味は少なく、コクがあって濃厚です。

固さ ★★★☆☆
酸味 ★★☆☆☆
乳清はほとんどありませんでした。
固まっているのですが、トロっとしていてカスピ海ヨーグルトのように伸びます。

口に入れるとなめらかで柔らかいです。
元のヨーグルトもそのような食感なので、再現されていると思います。

毎日爽快ヨーグルトの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:はっ酵乳
・内容量:100g
・原材料名:乳製品、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、砂糖、乳たんぱく質、ココナッツオイル、ゼラチン、甘味料(スクラロース)
・無脂乳固形分:8.5%
・乳脂肪分:0.1%

栄養成分 1個(100g)g当り

・エネルギー:71kcal
・たんぱく質:4.2g
・炭水化物:13.5g
・ナトリウム:52mg
・カルシウム:87mg
・ラクチュロース(ミルクオリゴ糖):4.0g

森永のおいしい牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:1000ml
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.5%以上
・殺菌135℃2秒間

栄養成分 コップ1杯(200ml)g当り

・エネルギー:133kcal
・たんぱく質:6.6g
・脂質:7.6g
・炭水化物:9.5g
・ナトリウム:85mg
・カルシウム:227mg


Tags

Share