発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2018/12/20

【レシピ:甘麹】「粉麹」を使った「甘麹」編☆いつもより甘みを感じて美味し〜い(≧∇≦)

息子たちが小さい頃に遊んだおもちゃ達(^^)

役目を終え、友人のお宅へ旅立っていきました。

もう数年遊んでないのに、最後は別れを惜しむ様に一体一体眺めながら袋に詰めていました。

なんだか「トイストーリー3」を思い出します( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

新しいお友達に遊んでもらってね~ヽ(*´∀`)

おもちゃ
さて本日は、先日作った「粉麹」を使って、「甘麹」を作ってみたいと思います。

いつもは、みやここうじ200g、水300mlで作りますが、本日は以下の分量で作ります☆

「甘麹」の作り方

<材料>

・みやここうじ 100g
・水      150ml
粉こうじ 粉こうじを計量する
<作り方>
①レンジ消毒した内容器に、みやここうじを入れ、水を少しずつ入れます
みやここうじに水を加える

初めは混ざりにくいので、少量ずつ水で溶かしていきます

かき混ぜる
このくらいトロトロになります(^^)

少し味見をしてみましたが、ほんのり甘く麹特有の匂いと味も感じられました。
甘酒完成

②ヨーグルティアに入れ、温度60度、タイマー6時間にセットしてスタート

ヨーグルティアSで発酵する
通常のみやここうじと、粉にした場合とでは味にどんな変化があるのでしょうか?

楽しみです(o^^o)

6時間度、、、

出来上がりがこちら(^^)

麹のプチプチはなく、滑らかなトロトロ食感の甘麹が完成しました(^^)v
甘麹
肝心の味ですが、、、

これが、めちゃめちゃ甘くなったんです(≧∀≦)

通常の甘麹だと麹のプチプチを嚙んだ時に甘みをより感じますが、粉麹は口に入れた瞬間から強い甘みを感じます。

ダイレクトに甘麹の甘みを感じる事が出来るので、料理の味付けやヨーグルトなどのトッピングにはこちらの方が合うのではないかと思います。

麹の効果はどちらも変わりありませんのでご安心を(^ ^)

今まで麹のプチプチ感が好きでしたが、こちらの甘麹も滑らかな食感でとっても美味しい(*´∀`*)‼️

早速、大好きな「豆乳甘酒」にして飲んでみました(*^^*)
豆乳甘酒完成
いつもより甘みを感じて美味し~い(≧∇≦)

プチプチがない分、より豆乳と混ざり合って美味しく飲みやすくなりました(๑>◡<๑)

これはありだな~(*´∀`*)

プチプチ感も捨てがたいが、、、

栄養価は同じだと思うので、あとはミルで粉麹にする手間だけかな(^_-)

お好みでお好きな方をお試しください(^з^)-☆

次回は、この粉麹を使って、さらに発酵調味料を作ってみたいと思います♫

お楽しみに~(^_−)−☆

Tags

Share