発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2018/12/10

【レシピ:ヨーグルト、塩麹】発酵&肉キャンプ!!vol.2「ビアチキンタンドリーチキン味&塩こうじ味」ホロホロっと身が取れる程柔らかい~(^^)

前回に引き続き、今回もキャンプネタです(^^)

さてローストビーフに続きまして、次に挑戦したのは「ビアチキン」

「ビアチキン」というのは、ビールで蒸し焼きした丸鶏の事ですが、見た目がとってもシュールなんです(^^;

使うのは、こちら丸鶏!!
丸鶏なんてクリスマス以外お目にかかりませんよね~(^^;

今回はこの丸鶏で、カレー粉、ヨーグルト、ニンニクで漬けた「タンドリーチキン味」と、塩こうじとニンニクで漬けた「塩こうじ味」の2パターンで作ってみました。

丸鶏

タンドリーチキン味で使うのは、こちらの「カレーの壺」

カレーの壺
数種類のスパイスが入っていて、20分で本格カレーが作れるという優れもの!!

ちょっと味見してみましたが、あまりの辛さにびっくり((+_+))

甘口派の私には刺激が強すぎましたが、こちらのスパイシー以外にもマイルドもあるそうなので、今度はそちらも試してみたいと思います。

で、このカレールーとヨーグルト、ニンニクを混ぜて漬けダレを作り丸鶏を1日漬けて寝かせます。
漬けたれに漬け込む

もう1羽も、塩麹とニンニクを混ぜ合わせた漬けダレで1日寝かせます。

漬けダレで1日寝かせる
これでキャンプ前の下ごしらえ完了(^^)v

さて、道具ですが、こちらのビアチキン専用台と半分飲んだビール缶を用意し、この様にセットします。
ビアチキン専用台

そこへ、この様に丸鶏を思い切って被せます。

ビアチキン専用台に丸鶏をセットした
ね、シュールでしょσ(^_^;)

魚もそうなんですが、切り身だと平気なんですが、そのままリアルな形が残っていると、扱うのがちょっと躊躇われます(>_<)

首は、爪楊枝か竹串で閉じるのですが、なかったので割り箸で、なみ縫いの要領で閉じて、中の蒸気が逃げない様にします。
セットした丸鶏にアルミホイルを被せる
次にアルミホイルを二重にして被せます。

本当は蓋つきのバーベキューグリルで作るらしいのですが、なかったので即席で編み出した方法です^_^

この状態で、炭火で1時間じっくり焼き上げます♫

さぁ、上手くいくのでしょうか?

1時間後、、、、

あれ?
全然火が通ってない??

、、、というわけで、急遽ダッチオーブンで蒸し焼きに(^◇^;)

蓋をして更に1時間火にかけます。

もう、ビアチキンではなくなりましたが、ま、いっか~(=^▽^)σ
丸鶏をダッチオーブンに入れる
そして1時間後、、、
今度こそ上手に出来てるかな???

おぉーー、この通り、今度こそ蒸し鶏の完成です*\(^o^)/*

蒸し鶏の完成
ダッチオーブンでしっかり火を通したので、ホロホロっと身が取れる程柔らかく焼きあがっていました(^^)

味は、塩麹に漬けた方は、しっかり味が染み込んでいて、鶏の旨味と塩加減がマッチしていて美味しかったです(≧∀≦)

タンドリーチキンの方は、蒸されているうちに味が薄くなってしまい、遠くにカレー風味を感じる程度だったので、今度はもっとカレー粉の量を増やしてリベンジしたいと思います
p(^_^)q

ビアチキンのはずが、ダッチオーブン料理になってしまいましたが、こんなハプニングもキャンプならではの楽しさ♫

星空の下、みんなでワイワイやりながら食べる料理は、どんな料理でも美味しいのです(≧∀≦)
あ、この日は土砂降りの雨でしたが、それも楽しい思い出です(^з^)-☆

今宵も気の合う仲間と笑い合えるこの瞬間に感謝しながら、まだまだ夜の宴は続くのでした
(^_−)−☆

ドリンク

まだまだ続くよーo(^o^)o

Share