発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2016/09/05

【作り方:チーズ】リコッタチーズ編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、ヨーグルティアSについてくるレシピ本P41の、フレッシュチーズ3種の中から、リコッタチーズを作ってみようと思います。
(前回、カッテージチーズと予告しましたが、順番が変わります。すみません。)

リコッタチーズと言えば、最近パンケーキに入っているのをよく見かけますが、
チーズだけを食べたことはありませんでした。
どんなチーズになるのか、楽しみです♪


今回の実験内容 ヨーグルトで作るリコッタチーズ

①明治ブルガリアヨーグルト(プレーン) 300g
②淡路島おいしい牛乳 500cc
③ポッカレモン100 小さじ3杯
④発酵時間 なし
○○

明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン

本場ブルガリアのLB81乳酸菌と良質な乳原料のみでつくられ、整腸作用により特定保健用食品に認可されている、日本で最も伝統のあるヨーグルトの正統です。
「まろやか丹念発酵とは?」

発酵する前のヨーグルトのもとから酸素を除去し、通常のヨーグルトよりも低い温度でじっくり発酵させることで、なめらかな食感とまろやかな風味を実現しました。(特許第3644505号、特許第3666871号)
(明治HPより)
○○

実験開始

  • 鍋に牛乳とヨーグルトを合わせて入れ、中火で熱し60℃にします。
  • レモン汁を加えて、30秒ほど静かに混ぜ、火を止めます。
  • ○○
  • そのまま4~5分置いて、分離したらキッチンペーパーを敷いたザルで濾します。
  • 内容器に水切りバスケットとペーパーフィルターをセットして、⓷のペーパーを除いて入れ、収納ふたを閉めて冷蔵庫に置き、さらに水気を切ります。
○○

試食

あっさりしていて、酸味もほとんどなく、とても食べやすいです。

以前作ったカッテージチーズはレモン汁がもっと多かったせいか酸味がありましたが、こちらはレモン汁も少なく、ヨーグルトの酸味も抑えられています。

牛乳が多いためか、甘みもあります。
○○

娘ももっと頂戴と口を大きく開けてくれました♪
○○

今回、既製品のヨーグルトで作りましたが、もちろん手作りヨーグルトでもおいしくできると思います。
パンに塗ったり、離乳食の新しいレシピにも使ってみようと思います。

明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーンの成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:はっ酵乳
・内容量:450g
・原材料名:生乳、乳製品
・無脂乳固形分:9.5%
・乳脂肪分:3.0%

栄養成分 100g当り

・エネルギー 62kcal
・たんぱく質 3.4g
・脂質 3.0g
・炭水化物 5.3g
・ナトリウム 51mg
・カルシウム 109mg

淡路島おいしい牛乳の成分表

パッケージ裏面の表示

・名称:牛乳
・内容量:450g
・原材料名:生乳100%
・無脂乳固形分:8.3%以上
・乳脂肪分:3.5%以上
・殺菌:130℃2秒間

栄養成分 100ml当り

・エネルギー 67kcal
・たんぱく質 3.3g
・脂質 3.8g
・炭水化物 4.8g
・食塩相当量:0.1g
・カルシウム 110mg

Share