発酵食試作|かおりの発酵実験室
更新日 2016/03/11

【作り方:カッテージチーズ】北海道牛乳×ポッカレモン100編

こんにちは。
かおりの実験室へようこそ!

今回は、ヨーグルトではなくチーズを作ってみたいと思います。

私には10ヶ月になる娘が居るのですが、離乳食をなかなか食べてくれなくて、お医者様にチーズを食べさせるよう勧められました。

いろいろな本を読むと、離乳食にはカッテージチーズがお勧めと書いてあります。
しかし、お店に売っているチーズには塩も入っているし、色々心配…。

そう思っていたら、手作りできるよ!と友人に教えられたので、チャレンジする事にしました♪

牛乳とお酢でも出来るそうですが、赤ちゃんが食べるので匂いが気になっちゃうかな?と思い、今回はお酢の代わりにレモン汁で挑戦です。

今回の実験内容 牛乳とレモン汁でカッテージチーズ

  • 北海道牛乳 200cc
  • ポッカレモン100 15cc(大さじ1)
  • 温度 65℃

カッテージチーズ、北海道ヨーグルト、おいしい牛乳

実験開始

  • レンジで消毒した内容器に牛乳を200ccほど入れ、レンジで1~2分温めます。(牛乳あたためモードがあればそれを使う)
    時間があれば、レンジではなく65℃にセットしたヨーグルティアで1時間ほど温めて置いたほうが、温まりすぎを防げます。
  • ポッカレモンを入れ良くかき混ぜます。
  • 発酵温度65℃で20分ほど放置すると、ほろほろとしたチーズと乳清に分かれます。ヨーグルティア、北海道牛乳
  • 水切りカゴで、水を切ります。ヨーグルティア、北海道牛乳ヨーグルティア、北海道牛乳
  • 水気がなくなったら、チーズの出来上がり!(乳清は捨てないでお料理に使いましょう)カッテージチーズ完成

手作りカッテージチーズを食す

レモン汁のおかげで、さわやかな酸味のあるチーズになりました。

くせもにおいもないので、食べやすいです。

娘も、パクパク食べてくれました♪
カッテージチーズ試食

ヨーグルティアを使わなくても出来るのですが、温度管理できるヨーグルティアなら毎回同じクオリティで出来るので、安心です。

次回は、美濃路ヨーグルトに挑戦します。

ポッカレモン100の成分表

商品概要

  • 名称:レモンジュース(濃縮還元)
  • 内容量:70ml
  • 原材料名:レモン、香料
  • 栄養成分 大さじ1杯(15ml)当り

  • エネルギー 5kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 1.5g
  • ナトリウム 0.4~1.4mg
  • カリウム 30mg
  • リン 2mg
  • ビタミンC 4mg
  • Share