発酵食レシピ|ハルの発酵食日記
更新日 2015/11/27

【レシピ:ヨーグルト】しっかりした歯ごたえと優しい甘みがにんじんが苦手な人でも食べやすい(^_^)vサラダ感覚「キャロットラペ ヨーグルト風味」

おじいちゃん役の練習中のそうちゃん
今日は、小学校の発表会。

3年生は、「三年とうげ」という韓国の民話をアレンジしたものでした。

原作の登場人物は、おじいさん、おばあさん、水車屋のトルトリの3人ですが、発表会用の台本には、韓国の神様、遠足の小学生等の登場人物が新たに追加。

毎日、「三年とうげ」の音読を頑張っていた長男は、見事主役?!の「おじいさん」役をGETし、この日の為に日々練習に励んでいました。

毎日、「練習どう?大丈夫?」と聞いても、そっけなく「大丈夫!」としか答えない長男。

本当に大丈夫かな。。。と、こっちの方がドキドキしながら迎えた当日。

舞台を見ると、なんとおじいさん役が20人!!

えっ、多いっΣ(゚д゚lll)

こんなにいると思わなかったので、今度は我が子見つけるのに一苦労(゚o゚;;

3年生120人の合同劇だったので、そりゃ〜一役が何人にもなりますね。。。

何とか息子を見つけて、無事晴れ姿を見る事が出来ました♫

自分なりにおじいさんを研究し、腰を曲げてヒゲを触り、しゃがれ声でおじいさんを演じていた長男君。

割といい演技だったので、「将来は役者もいいね〜(o^^o)」なんて、親バカな会話をして盛り上がる両親なのでした♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

さて今日は、ヨーグルトで戻す乾物レシピ第3弾「キャロットラペ ヨーグルト風味」をご紹介します♫
切り干し人参

材料は、干し人参40g、ヨーグルト100g。

切り干し人参とヨーグルトを混ぜる

作り方は、容器に、干し人参、ヨーグルトを入れて冷蔵庫で7〜8時間浸けて戻すだけ。

ヨーグルトに切り干し人参を漬け込む

お皿に盛り付け、そのままいただきます♫

お皿に盛りつける

にんじんは、干すことで甘味が凝縮され、グッと味わい深くなります。

しっかりした歯ごたえもGood!

にんじんが苦手な方でも、干しにんじんなら特有の臭みも抜け、優しい甘みが感じられるので食べやすいと思います。

更にヨーグルトと和えてあるので、サラダ感覚であっさり食べれますよ(^_^)v

食物繊維が豊富なにんじんは、干すことで水分が抜け、より沢山食べれる為、便秘解消やダイエットを強力に後押しします。

また、にんじんに含まれるβカロテンには、身体中の細胞を錆付かせ老化を促進させる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

βカロテンは、ヨーグルトに含まれる脂肪分と一緒に摂ることで吸収率がUp!

活性酸素は肌や髪にもダメージを与えるので、βカロテンを効率的に吸収できるこの組み合わせは、美容面でもオススメです(^_-)

乾物は、賞味期限を気にすることなく、いつでも手軽に野菜の栄養を摂ることが出来ます。

また、季節関係なく摂りたい栄養を摂れるのも嬉しいですよね(^^)

3.11の東日本大震災の後、スーパーの食品売り場から様々な食品が品切れになる中、乾物だけはいつもと変わらず売り場に並んでいたそうです。

乾物の使い方が分からない、乾物の古いイメージがそうさせたのかもしれません。

私も、この本に出会っていなければ乾物の素晴らしさや、使い方が分かりませんでした。

乾物は、エコ、年間を通して安定供給が可能、「もしも」に備える非常食にもなる「万能未来食」なのです。

是非、これからの食事に積極的に取り入れて行きたいと思います!!

興味を持った方は、是非「ヨーグルトでもどす 魔法の乾物レシピ」を読んでみて下さい!

参考になるレシピがたくさん紹介されていますよ(^з^)-☆

Share